9億ドル近くの利益をもたらす?!NY ファッション ウィーク

衝撃的記事を見つけた。

 
ニューヨークのファッション ウィークは、ニューヨーク シティにとって、9億ドル近くの経済的利益があるというもの。いわゆる、ファッション ウィークの運営費、動く業者や従業員のお金、広告費、そして世界中から訪れるゲストが街に落とすお金 など。
 
9億ドルというのはものすごい額!
記事によると、
US Openが7億ドル (ニューヨークで毎年開催される、世界テニス4大大会の一つ)
昨年のSuper Bowlが5億ドル (NFLの決勝戦で、昨年はニューヨークのお隣ニュージャージーで開催された)
ニューヨーク シティ マラソンが3.4億ドル
 
そもそも比較対象がトップクラスのスポーツの祭典ということでも、そのスケールがわかる。
 
スポーツ < ファッション ?
 
なんか大きな疑問。
 
ちょうど、次の会場が決まっていなかったり、Mercedezがスポンサーを退いたタイミングからも、雲行きが怪しいのかと思っていた中での発表。
 
インターンシップが始まって、今回のファッション ウィークにはいくつかのショウを見に行けることになった。Lincoln Centerのテントにも!
 
現場のエネルギーを感じられたら、ファッションのそれだけのエコノミック インパクトも感じられるのかな。

多くの方に読んで頂きたく、ランキングに参加しています。
お楽しみ頂けましたら、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。ブログ村

インスタグラムもやっています。

Follow @suchacookiehead on Instagram
インスタhttps://instagram.com/suchacookiehead/

Scroll to top