そしてとうとう、夫婦になった

7月10日、彼と彼のご両親とダウンタウンのシティホールに出向き、ニューヨーク市の権限のもと、彼と私は夫婦になった。

 

当日はシティホール付近で、先日優勝した女子サッカーのアメリカ代表のパレードが行われ、着いた時には大混雑。

そんな中、ちゃちゃっと私たちは誓いを交わし、証明書をもらって終了。

 

 

その後は彼のご両親とSohoでランチをして、残りは彼と二人でセントラルパークでのんびり過ごした。ウェディングドレスではないけれど、白いドレスを着てブーケを持っていたので、すれ違う人々がお祝いの言葉を。少し照れくさいけどこんなに結婚した感がある格好をして歩いちゃってるくらいなんだから、思いっきり喜んでその言葉を受けることに。

 

夜はペニンシュラホテルのルーフトップバーで夕焼けと夜景を。

ここでも、お店の人が「結婚したの?」って感じで、お祝いにケーキをコンプリメンタリで出してくれた。嬉しいな。
派手なことも人の目にさらされることも苦手で、できる限り自分たちの中でおさめたい私たちだけど、さすがにこの日一日、私たちらしいシンプル(地味)な過ごし方ながら、思い出深い一日になった。

 

 

早めにグリーンカードの手続きを始めるために行ったシティホールでの結婚。私たちの本当の結婚式は10月に控えているけれど、それでも、この7月10日で夫婦になった。2年近く一緒に住んでいて、二人の間には猫もいて、でもとうとう、やっと、私の名字は彼と同じに。不思議な感じ。

まぁ今までも、そして秋の結婚もかなりマイペースに進めているので、名字も夫婦になったことも、ゆっくり慣れていこう。

 

Scroll to top