ファッションのしてくれること

FASHION

今日の授業で教授が言っていた言葉。

“We buy fashion for “what it does” rather than “what it is.”

私たちはファッションのそのものが何かではなく、それが何をしてくれるかを買っている。

ファッションはアイデンティティだとか、自己表現だとか、それって結構その通りだと私は思う。故に、私たちは確かに、そのアイデンティティの発信を、そして自己の表現を、ファッションに託しているということ。

ファッションのしてくれること。自分を映し出すこと。

平ったく言うならば、
「その服かわいいね。」
と言われるより、
その服(あなた)らしいね。
と言われる方が嬉しい時。それってそのファッションが確立したと感じられるからでは。

そうやって、「衣食住」の枠を飛び出した、アートに極めて近い形でのファッションは更におもしろくなる。

好きだな。

 


FOLLOW

ig19px    bloglovingtop    blogmura19px

SHARE

Copied title and URL