THE LITTLE WHIM

COOKIEHEADがパリで買ったもの – フード編

 

前回に続いて、今回はフード編。

 

THE LITTLE WHIMをしっかり読み込んでいる方ならもうお気づきでしょう、COOKIEHEADは多くのものに興味があるけれど、食へはそこまで執着がない。

 

もちろん美味しいものを食べた時はとても幸せになる!けれど、食に関する知識やこだわりは少ない方かと。流行りのレストランやケーキ屋さんに行くよりは、自炊の方が落ち着くし、キッチンに広がる甘い匂いを嗅ぎたくてお菓子を焼く。とはいえ、料理は趣味というには程遠いし正直面倒くさいことも多いなぁ みたいな。

 

そんな食オンチの私でも、食の都 パリでときめくのが、スーパー マーケットやグロッサリー。世界中 どこへ旅行しても食材を見て回るのは楽しいけれど、やはりパリは格別で特別な気がする。今回のパリ出張から私が持ち帰ってきたもの。

 

 

LA CHAMBRE AUX CONFITURES

 

 

マレ地区をうろうろしていたら見つけた、ジャムと蜂蜜のお店

 

 

吸い寄せられるように入ったら、お店の中はカラフルなガラス瓶だらけ!

 

 

私はベリー類に弱い。特にラズベリーに目がない。そのベリー系だけでもこんなに種類が豊富。

 

 

たくさん試食した上で、購入したのはラズベリー & バラのジャム。夫には何故バラがジャムになるのかかなり不可解だったようなので、この乙女なジャムは自分へのパリ土産。

 

 

LEONCE BLANC

 

 

こちらはふらっと入ったパン屋さんで購入したジャム。ラズベリー & ライチ。これもドンピシャで自分の好みだけれど、きっと夫も食べるはず!と、買っちゃった。

 

 

FOUQUET

 

 

こちらは実は買っていない – 朝食を食べたブラッセリーでジャム等と一緒に出た蜂蜜。その時は開けなかったが、リスがかわいいのでバッグに忍ばせてきた。多分普通の蜂蜜なのだけど、食べるのが楽しみ。

 

 

ECHIRE

 

 

日本でもお馴染みのエシレ バター。フランスではスーパー マーケットで2ユーロくらいで買えてしまう!今回のパリは猛烈に暑かったので冷凍して持って帰ってきた。少し崩れてしまったけれど、やはり発酵バターは最高に美味しい!写真の無塩タイプと、もう一つ有塩タイプも購入。

 

 

MARKS & SPENCER

 

 

フランスは関係ない!イギリスのもの。オペラの近くを歩いていたら偶然見つけた、イギリスのスーパー マーケット、Marks & Spencer!

 

私はイギリスのこのほんのり甘くて素朴なビスケットが大好き。ロンドンに住んでいた、幼い頃の記憶なのかな?とてもシンプルなビスケットだが、実はアメリカではあまり売っていないこのタイプ。昨年のロンドン旅行での大量のまとめ買いも尽きてしまい、悲しんでいたところだったので、嬉しい限り。

 

 

HARIBO

 

 

最後は、みんな大好きハリボーの、みんな大好きオランジーナ味。私もどちらも大好きなのを知っている夫が、内緒で買ってくれていた。

 

彼が一足先にニューヨークに戻った夜、仕事を終えてひとりで帰った部屋に、手紙と一緒に置いてあった。私の夫のかわいい優しさ。自分の好みだけでジャムを選んでしまったことを反省。

 

 

以上、フード編。これで、あまり得意じゃないおしゃれブランチ スポットやレストランに行かなくても、おうちでゆっくり食べたいものを楽しめる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る