パリで 赤く 染まる

視界も、自分自身も、赤く染まった。

 

楽しみにしていたパリでのアート、圧倒的に印象に残ったのが、Galerie Templon で見た塩田千春さんの赤。

 

ギャラリーに一歩足を入れた途端、まるで人の体内に入ったかのような感覚に。(未体験だが。)

 

 

毛細血管ってきっとこんな感じ。

 

 

なんとも根気がいるであろう作品。草間 弥生が網目を黙々と描き続けるのに対して、こちらはひたすら紡ぎ続けた といった印象。

 

 

赤く染まった私。

 

#chiharushiota#red#thread

COOKIEHEADさん(@thelittlewhim)がシェアした投稿 –

 

中心に置かれた舟は燃え上がっているようにも見えるし、赤いエネルギーで何かと繋がっているようにも見える。赤の持つ力強さは、自分以外誰もいなかったギャラリーの静けさの中より際立った。

 

展示は今週いっぱい(7月22日)まで。

 

Galerie Daniel Templon – Current Show

 

 

FOLLOW

ig36px    bloglovingtop    blogmura19px

SHARE

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedInEmail this to someone