THE LITTLE WHIM

酸について

私のスキンケアの核となっているもの。

 

最近よく質問を頂くのが、愛用している Sunday Riley の Good Genes に関して。

 

[http://thelittlewhim.com/2017/11/12/sunday-riley-good-genes-and-luna-sleeping-oil/]

 

[http://thelittlewhim.com/2017/12/17/sunday-riley-review/]

日本にいる方には手に入りにくいのが残念だけれど、Good Genes は本当に優秀な乳酸のアイテム。一方で、おそらく日本にも似たアプローチのアイテムはあるはずだし、日本にいる日本人にはその国で開発されたフォーミュラの方が合う可能性も高いのかも?そして何より重要なのは、乳酸が本当に自分に適した成分なのかどうかを知ること。

 

ということで今回は、Good Genes においても要の成分である、「酸」の話。スキンケアに広く用いられている、大きく分類して2つの種類の酸の性質や効能の違い、私が使っているアイテム、そして注意点について。

 

 

どうしてスキンケアに酸?

 

肌の清浄に一般的なのはクレンジングと洗顔。それに加えてスペシャル ケアとしてよく行われいてるものにスクラブやピーリングがある。どちらも、肌に残された余計なものを取り除きターンオーバーを促すのには効果的な方法とされている。

 

私は最近、顔のスクラブを完全にやめた。つるつるする感覚が好きで今まで様々な種類を試してきたけれど、これがおそらく私の間違いだった気がする。理由は単純、(特に30代の)肌はこするべきじゃない!タオルやコットン、クレンジング ワイプなど、何を肌に当てる際においても余計な力でこすることはないよう気をつけるようになったし、スクラブはもってのほか。

 

その代りの方法として取り入れるようになったのが、酸によるピーリング。肌に塗布することで角質除去を促してくれる。スクラブのように物理的な力を加えることなく余計なものを取り除いてくれるのだ。

 

 

2つの酸

 

自宅でできるピーリング スキンケアに用いられる代表的な酸は2種類ある – AHA (alpha hydroxy acid) と BHA (beta hydroxy acid)。アルファとベータ?化学が苦手な私には当初チンプンカンプンだったけれど、オンラインや人から聞いて集めた情報がこちら。

 

 

代表的なAHA はグリコール酸乳酸。グリコール酸はサトウキビ由来、乳酸は乳糖系の酸だ。AHA は水溶性であり、肌の表面に効果を発揮し、肌の上に残り吸着されている角質を剥がす役割を果たす

 

普通肌や乾燥肌に適している酸で、日焼けや加齢による肌のダメージに効果的。できかけのシミや小じわが薄くなると言われている。

 

 

 

BHA として代表的なサリチル酸は、柳の樹皮から取れる成分。油溶性であるゆえ、肌の表面に留まらず毛穴まで浸透していく。

 

皮脂に強く毛穴の奥まで効くので、オイリー肌や毛穴の詰まり・黒ずみに効果的だ。抗菌の作用もあると言われており、ニキビ ケアのアイテムによく含まれている。

 

 

それぞれの酸をどう使う?

 

私が様々な記事を調べて得た情報の中から最も重要な部分だけを抜粋したので、AHA と BHA は似ているけれど異なる酸であることがハイライトされたと思う。AHA はマイルドな酸でありエイジング ケアによく用いられるのに対して、BHA は肌の表面だけでなく毛穴のケアに適した酸であるといった印象

 

私は今、酸が配合されているアイテムを3種類使っている。2つは AHA 系で、1つは BHA 系だ。

 

 

左: Sunday Riley, Good Genes (AHA, 乳酸)

アメリカでの乳酸によるエイジング ケアのブーム火付け役となったこちら。独自の製法で抽出された高純度の乳酸は、小じわ、毛穴のたるみ、色素沈着といった初期のエイジングの表れに効果的。私自身も絶対的な効果を感じている大好きなアイテム。肌が弱っている時には避けたいくらい、翌朝に感じる肌のハリが超強力!

 

中: The Ordinary, Lactic Acid 10% + HA 2% (AHA, 乳酸)

カナダ発の超シンプルな処方と高品質・低価格で知られるブランドの乳酸セラム。旅行や出張に便利な小さいボトルなのが気に入っている。Good Genes に比べると肌への馴染みがイマイチで、少しベタつく。それでも、肌がすっきり軽くなる実感はある。非常にお手頃なので、初めて乳酸を試してみたい、という方にもオススメ。

 

右: COSRX, BHA Blackhead Power Liquid (BHA, サリチル酸)

唯一の BHA アイテムは、韓国コスメから。毛穴が気になるアゴ下に部分用として、コットンに染み込ませて優しくなじませる。決してティーンエイジャーのニキビケ アの様なアイテムではなく使い心地はジェントルで、特に乾燥や皮剥けといったトラブルはなし。週に数回の使用で、毛穴の詰まりやゴワつきが軽減されているのを感じる。

 

 

酸をスキンケアに取り入れる上で気をつけたい点

 

最後に、いくつか注意点を。

 

基本的には夜のスキンケアに取り入れ、朝の使用は避けた方がいい。理由は、酸を用いたスキンケアで一時的に皮膚が薄くなり、紫外線からのダメージを受けやすくなるから。夜の使用のみにし、一晩寝て、朝に洗顔か拭き取りでしっかり酸の成分を落として。そして万一肌に残っている場合を考慮して、SPF 入りのサンスクリーンやベースメイクで肌をしっかり保護するのも大切。

 

AHA と BHA は似ているようで違う。そして同じ種類に入る酸であっても、それぞれに特徴がある。いくら植物由来とはいえ酸は非常に特殊な成分であることを忘れずに。効果を最大限にするためにも、逆に炎症を起こすようなケースを避けるためにも、一緒に使う化粧品との相性や使う順番には気をつけたい。肌のph値を落ち着かせるためにも、酸の化粧品を使う際は次の化粧品との間の時間を少し置いた方がいい。細かい点は、各メーカーに確認するといいかも。

 

 

トップへ戻る