私たち世代のスタイル!COOKIEHEAD が今本当に愛用している90年代アイテム

FASHION

10代を過ごしたあの頃のスタイル、大人になった今戻ってきてみてどう感じる?

 

ファッションのトレンドは職業柄把握するように心がけつつも、自分自身のスタイルにおいては特に意識しない私。

 

ところが、昨年くらいから顕著になってきている90年代スタイルのトレンドは、どうしても気になってしまう。私がファッションに興味を持ち始めた10代前半から後半にかけてのトレンド。私の主たる情報源が全盛期の MTV だった頃の、アメリカやその他の国で流行っていたポップ カルチャーに付随するファッションが私にとっては90年代を象徴するスタイルだ。

 

90年代を実際にはよく知らないとびきり若い世代が身につける「現代版 90年代風スタイル」は私にはかえって不自然。私が今本当に楽しみたい90年代アイテムを選ぶ際、気持ちに十分に語りかけるかを重視している。その上で大事になってくるのは、以下の3つのどれかの条件に当てはまるかどうか。

 

  • ただただ本当に懐かしい
  • 純粋に好きだったので、再び自分のワードローブに取り戻したい
  • 当時欲しかったものを、今になってやっと手に入れたい

 

まだまだティーンエイジャーだったあの頃、ファッションなんてほとんど理解できていなくて、ただトレンドそのものや流行っているアイテムに目がいくばかりだった。今はずいぶんと歳もとり、よく見極めた上で、ノスタルジアと現実的な購買力をもって90年代アイテムを身につけている。

 

昨年から私が日常的に取り入れている90年代を象徴するアイテムのラインナップはこんな感じ。

 

 

ルースフィットのデニム

 

Courtesy of Another Magazine (Left), Refinery29 (Center), and Who What Wear (Right)

 

10代なかば、母に買ってもらう普段着に過ぎなかったデニムにトレンドを取り入れることを覚えた時の最初のスタイルがこれ。子供の普段着デニムの延長にあるデニムで色々スタイリングを試していたけれど、気だるいのにクール!というデニム ファッションにリンクさせるのは不可能だったなぁ。特に、Drew Barrymore が作るだぼっとしたデニムを彼女の愛らしさで仕上げる感じや、Winona Ryder のライダースやブーツと合わせたルックに憧れていたのを覚えている。

 

その私がここ最近、当時を思い出しながらも今の自分に合わせたスタイルを作る上で欠かせなくなっているデニムがある。

 

 

L.A. 初の AGOLDE というブランドの、その名も 90’s Mid Rise Loose Fit。私が持っているのは明るめのウォッシュでポケットに一箇所だけダメージがある Reunion というタイプ。かなりゆったり目だけれど、23インチで履けばウェストをフィットさせてレッグは気だるくゆるいという絶妙なバランスが出せる。古着の501でゆるいシルエットを選ぶとなかなかウェストが合うものが見つからないという方、ぜひオススメ!

 

 

NIKE AIR MAX 95

 

Courtesy of Sneaker History

 

社会現象にまでなった Nike の Air Max 95 は、その後数多く生まれた90年代を象徴する大ヒット スニーカーの先駆けとして、私の記憶に色濃く残っている。当時数万円から更に一桁多い金額にまで跳ね上がるほど入手困難となったこのスニーカー。もちろん私は持っていなかった。

 

リバイバルとして発売されている Nike Air Max 95 を見た時は、当時のスニーカー騒動を思い出しつつも、幻が今は普通に手に入るのが不思議に感じた。

 

 

主張が強いこのスニーカー、今履くなら気分は断然ニュートラルなカラー。なじみのいい色を選ぶと毎日のファッションに取り入れやすい万能スニーカーになる。30代になった私の Air Max 95 の履き方としてしっくりくる。

 

 

小さめのサングラス

 

Courtesy of Refinery 29 (Left), Pinterest (Center), and InStyle (Right)

 

90年代を象徴する数々のアイコンの中でも私の中で記憶に残っている3名、Drew Barrymore、Chloe Sevigny、そして Jennifer Aniston – 90年代中盤から後半にかけて、彼女らがこぞってつけていた小さめのサングラスは印象的。

 

実はこのタイプ、アジア人にオススメなのだ。比較的鼻が小さめで頬骨が高い顔には、小ぶりなサングラスの方がつけ心地もいいし顔にしっくりきやすい。

 

 

私は最近大流行中のオーストラリアのサングラス ブランド Le SpecsFluxus というモデルを愛用。ミニマルでありつつ小さ過ぎず、そして90年代をがっつり彷彿させるオーバル型がお気に入り。顔を覆い過ぎないので、真夏の暑い日にも顔に汗をかきにくいという特典付き!

 

 

ブラウン リップスティック

 

Courtesy of Interview Magazine

 

最後はファッションではなくメイクアップから。

 

私の中で永遠に一番好きなブラウン リップは、Pulp Fiction の Uma Thruman のこのルック。赤みがあって、深みもあって、主張の強い Mia のキャラクターにぴったり。90年代を代表する映画の、90年代を代表するブラウン リップ。もちろん90年代のファッションと相性抜群だ。

 

 

季節を問わず私がここのところずっとハマっている90年代風 ブラウン リップは、セミマットもしくは完全マットの質感で、イエローとレッドのバランスがいいブラウン。左から、Narsオーデイシャス リップスティック – 9477 (Deborah) のチェスナット色、Bite BeautyThe Multistick  – Honeywheat のレンガ色、BareMineralsGen Nude Matte Liquid Lipstick – OM のキャラメル色、そして Anastasia Beverly HillsLiquid Lipstick – Asthon のイエロー ブラウン。

 

ブラウン リップは大人になったからこそしっくり似合うと同時に、90年代には若過ぎて使っていなかったはずのこの色に懐かしさも感じるというのがなんともおもしろい。

 

 

私のように90年代に10代だった人たち、もっとどっぷり謳歌していた上の年齢層、正直ピンとこないという下の年齢層、それぞれが思う90年代ってきっと異なるよね。でも、20年ほど経つと、その年代の各要素の全てが調和して一つの時代としてのパーソナリティが生まれるというか、形をなして解釈がしやすいものになるというか。

 

その中で、特に記憶に残っていたり強い思い入れがあるものを、掘りかえしてみたくなったり新しく取り入れてみたくなったりする。90年代は私にとっては特に印象深い10年なのでそれがすごく楽しいし、トレンドに関わらずこれからも長く見つめていきたいな。

 

Copied title and URL