ウォームトーン派が気になるクールトーン アイメイク

BEAUTY
SPONSORED LINK

アイメイクの幅が広がるよ!

 


 

私は普段はニュートラル – ウォームトーンのアイメイクが多い。マットのベージュ、ブラウンやピーチをまぶたに広げ、似た系統のトーンのグリッターを目元に加えて楽しむアイメイクが好き。

 

ところが最近、そこにアクセントとしてパープルやブルーを足すのにハマっている。さすがにまぶた全体にガツンとクールトーンをのせる勇気はないし、まぶた全体がかなり重く見えてしまいそう。ベースはいつものウォームトーンで作って、そこにパープルやブルーのキラキラやアイラインを足すと、とても印象的でディメンションがある絶妙な仕上がりになるので気に入っているよ。

 

クールトーンは今まであまり手を出してこなかった色なので、新しい色が私のコレクションの中で増えてきて、見ているだけでも楽しい。その感じをシェアしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

ANASTASIA BEVERLY HILLS, NORVINA EYESHADOW PALETTE 

 

 

 

パープルに目がいくきっかけとなったのがこれ。Subculture, Modern Renaissance, Soft Glam といった人気パレットを数々と生み出してきた Anastasia Beverly Hills  が発表した Norvina Eyeshadow Palette は、私にとっては初めての Anastasia パレット。

 

ライラックなパッケージと、ぱっと目を引くラヴェンダーやペリーウィンクルのアイシャドウ。初めて見た時は、絶対私向けのパレットではない!という印象を受けた。ところがじっくり見てみると、14色のシャドウの内、実はクールトーンはたった4色のみでその他はウォームだということに気づいた。つまり、私のようなウォームトーン好きがアクセントとしてクールトーンを楽しむにはもってこいのパレットなのでは!?

 

 

実際に Sephora で色を試してみたら、Celestial (上段、右から3つ目)というラヴェンダー色のグリッターに恋に落ちた!濡れたようなテクスチャでしっかりと発色もあるキラキラ。そしてその他にもローズゴールドやボルドー、ベーシックなキャメルやベージュなど、これ一つで色々なルックが作れる。バツグンに使いやすそうなパレットであるはずの Modern Renaissance や Soft Glam には購入の決め手を感じなかった私も、少しひねりのあるこれなら欲しい!と 即決。

 

 

COLOURPOP, SUPER SHOCK SHADOW

 

 

パープルに興味を持った私はもっと他の色味やテクスチャも欲しくなっちゃった。そこで次にのぞいたのが Colourpop。色味とキラキラを重視しながらSuper Shock Shadow からパープル系を2つ選んだよ。

 

 

 

Wittle (手前)は深みのあるヴァイオレット。レッドとブルーのグリッターが細かく入っているのだけど、ベースの色がかなり濃いめなのでキラキラ感は控えめなメタリックっぽい仕上がり。重ねづけするとどんどん深みを足していけるよ。Ripple (奥)はクール寄りのラヴェンダー。角度によってはブルーやターコイズっぽく反射するので、デュオクロームが大好物な私は一目で気に入っちゃった。Wittle に重ねてつけてもかわいい。

 

Super Shock Shadow は指でぽんぽんとつけるだけで馴染む手軽なところもいいよね。

 

 

MARC JACOBS,  HIGHLINER  & URBAN DECAY, 24/7 GLIDE-ON EYE PENCIL

 

 

ブルーはアイライナーで楽しむのが特に好き。まぶたはニュートラルに仕上げてブルーのアイラインを引くとよりブルーが引き立つので楽しい。

 

お気に入りの二つはどちらもペンシル タイプ。以前 Marc Jacobs Beauty の記事にも登場した Highliner の Out of the Blue は真っ青なコバルト で、24/7 Glide-on Eye Pencil の Chaos はそれより更に明るい感じ。

 

 

どちらも見たままの色が濃ゆーく発色するのと、一度フィックスしたら絶対に崩れないロング ラスティングなところが好き。せっかく青のラインを引くならそれを目立たせてとことん楽しみたいし、とはいえ青のラインが滲んでしまったらアザみたいに見えてしまうので持続性ははずせない。

 

 

ILLAMASQUA, ARTISTRY PALETTE – EXPERIMENTAL

 

 

今年のブラックフライデーで買ったのはイギリスのブランド Illamasqua が最近発売した、 ブランド10周年記念のArtistry Palette。イタリアで作られているフォーミュラはとても軽く滑らか、そして見たままの発色。カラフルなパレットは一つあると色々楽しめるよ。

 

 

Super Shock Shadow だけではピグメントが物足りない時に、右側のパープルやブルーを下に仕込んでおくととことん色が楽しめるし、オレンジやイエローを忍ばせても仕上がりの色に不思議な広がりが出ておもしろいよ。

 

 

アイシャドウ シングル もろもろ

 

 

私はアイシャドウ パレットが大好きだけれど、アイシャドウ シングル熱も再燃しているところ。最近クールトーンを買い足したので多分70以上持っている。シングルとして買ったものやパレットだったものをバラして大きなパレットに並べかえ全てが見えるようにして、その日の気分でアイシャドウを選ぶのが楽しい。Anastasia Beverly Hills のアイシャドウ シングル 4つを入れられるマグネット ケースも持っているので、セレクトして旅行にも持っていける。

 

クールトーンでのお気に入りはこんな感じ。

 

 

 

 

  1. Juvia’s Place – Makeda (Masquerade Plette): フォイルド ヴァイオレット
  2. Anastasia Beverly Hills – Iridescent Purple: デュオクローム ヴァイオレット/ブルー
  3. Anastasia Beverly Hills – Enchanted: フォイルド ロイヤル パープル
  4. Anastasia Beverly Hills – Violet: マット パープル
  5. Colourpop – 143: マット ディープ ライラック
  6. Juvia’s Place – Ife (Magic Mini Palette): マット エッグプラント
  7. Anastasia Beverly Hills – Gem Stone: デュオクローム ラヴェンダー/オーキッド
  8. Juvia’s Place – Faso (Magic Mini Palette): デュオクローム ラヴェンダー/ライト ブルー
  9. Colourpop – Glass Bull: デュオクローム ラヴェンダー/クール ライト ブルー
  10. Anastasia Beverly Hills – Electro: デュオクローム ライラック/ライト ブルー
  11. Makeup Geek – Blue My Mind: フォイルド サファイヤ
  12. Coloured Raine – Blue Magic: フォイルド ブルー
  13. Devinah – Candy: マット コバルト

 

ここで紹介したアイシャドウ シングルのブランドはどれも発色と持ちのよさ、そしてブレンドのしやすさがお気に入りのポイント。発色のよさを生かして、細いライナー ブラシを濡らしてアイラインとして使うのも好き。

 

私の手持ちのアイシャドウ シングルを全て紹介して欲しいというリクエストも頂いているので、いつかやってみます。

 

SPONSORED LINK

 


 

今までウォームトーンばかりだった私には、クールトーンのアイメイクを楽しむのってかなり新しい発見!パープルやブルーに今は夢中だけれど、いつかグリーンも挑戦していきたいな。クールトーンは特に、日本より海外のブランドの方が発色がいい気がする。他にもオススメやいいブランドがあったらおしえてくださいね。

 

THE LITTLE WHIM は化粧品における動物実験に反対しています。取り上げている化粧品は、2018年9月以降、クルエルティーフリー(cruelty free: 動物実験をしていない)に限定しています。

Copied title and URL