COOKIEHEAD のポーチの中身

COOKIEHEAD のポーチの中身

セブンティーンを読んでいたティーンエイジャーの頃から好きだった、「ポーチの中身」企画。実は THE LITTLE WHIM でやるのは今回が初めて。

理由は単純 – 私が今まで楽しんできた色んなポーチの中身に比べて、私のポーチの中はすごくシンプルで退屈だから。

昔はそれなりの大きさがあるポーチにそれなりの量のアイテムを入れて持ち歩いていた – もちろん、雑誌のポーチの中身特集を参考に。ところが実際のところ、ポーチに入っているものの中で本当に使うものはかなり限られている。「なんとなく」系だったり「念のため」系がほとんどで、ポーチを開けない日って実は結構ある。

それを自覚して、「なんとなく」は大幅に、「念のため」は厳選して、かなりサイズダウンするようになった。なので、本当にすごく地味であまり面白みがない私のポーチの中身。今までいっぱい見て楽しんできた大好きなテーマなので、お付き合いください。

使っているポーチは?

最近持ち歩いているのは、ダイソーのビニール ポーチ。トラベル用に使っているものの小さいバージョンで、多分 B6 サイズかな?

必要なものは一通り入るし、中身が見えるし、汚れにくいし、頑丈な作りなのでお気に入り。ブルックリンにあるお店のステッカーを貼っているよ。

バッグが小さい時や本当に最小限しか持ち歩かない時は、サンフランシスコ発のエコバッグ ブランド、Baggu のナイロン ポーチを。カードケースくらいのサイズ。柿みたいなくすんだオレンジにシルバーのドットがユニークでお気に入り。

何が入ってる?

リップ & フェイス のマルチタスク系

写真の全部を一度に持ち歩いているわけではなくて、1つか2つを選んでポーチに入れているよ。どれもクリームタイプで、リップとフェイスのどちらにも使えるアイテムは外出先でとても便利。

Ilia Beauty の Essential Face Palette(左)は鏡付きなので持っている率が最も高い。リップ & チークのカラーが2種類と、ブロンザーとハイライトも入っている。クリームのテクスチャは固めでツヤ感は控えめ。

Tata Harper の Volumizing Lip & Cheek Tint (右)は滑らかで潤いたっぷり。リップもチークもツヤツヤになるよ。カラーは、上が Very Popular、下が Very Charming。

もう一つは Lilah B. の Devine Duo Lip & Cheek(中央上)。明るいピンクの B. Real が春の気分にぴったり。

クリームチークについて詳しくはこちら

Lilah B. について詳しくはこちら

リップスティックとリップグロス

リップスティックはその時の気分で選ぶけれど、ちょうど今入っていたのは Bite Beauty の Amuse Bouche Lipstick(左)。今はもう売っていないけれど、Porcini というイエローが強いブラウンは他では見ない色で大好き。

リップグロスは、Marc Jacobs Beauty の Enamored High-Shine Gloss Lip Lacquer(右)。これも昨年のホリデー限定でもう買えないカラーかも、の Shine a Light。ゴールドとピンクのキラキラ。

リップバーム

もう何度リピートしたかわからないくらいお気に入りのリップバーム、Bite Beauty の Agave Lip Balm(左)。こっくりしたすごく重いリップバームで、唇に密着して保湿が長続きする。

もう少し軽めがいい時は、イギリスのクリーン ビューティ ブランド Bybi(バイビー)の Plumper Natural Lip Balm(右)。潤いもツヤもあって、クリア リップグロス的に使える。

応急処置系

お手洗いで顔を見てメイク崩れに気づいた時に対処するアイテムを2つ。

まずはアイブロウ。ベアミネラルのフレーム アンド デファイン ブロウ スタイラー(上)は可もなく不可もなくな、繰り出し式のアイブロウ。芯が細めで細かい描き足しがしやすく、ブラシもついているところがメイク直しに向いてる。

W3LL People の Bio Correct Multi-Action Concealer(下)は小さなチューブで持ち歩きやすい。固過ぎず柔らか過ぎず、目の下にも吹き出物にも使えるフレキシブルなコンシーラー。

おまけ

Bite Beauty でもらった鏡(左)は小さいのでかさばらない。

Credo でもらった小さなサンプル サイズのボトルの、Phlur の Hanami という香水(右)も入っている。クルエルティフリーでヴィーガンの香水を作っているブランドで、今すごく気になっている。フィグとフローラルがベースの、ほんのり甘さのある爽やかな香り。

ポーチに入ったらいいけど入らないもの

サイズ的に入らないけれど、私の中でポーチとセットとして持ち歩いているものが2つ。

ニューヨークの街は衛生的ではないので、ハンド サニタイザーは必須。EO Essential の Hand Sanitizer(左)はオーガニックさとうきび由来のアルコールが殺菌成分として配合されている。ラベンダーのエッセンシャルオイルの香りも気持ちいい。クルエルティフリーのハンド サニタイザーを探していた時に、EO は全商品クルエルティフリーでハンドサニタイザーも作っている、とホールフーズの人がおしえてくれたのがきっかけでそれ以来ずっと愛用。

もう一つは トリロジーのエブリシング バーム(右)。その名の通り、万能のバーム。リップにも爪にも髪の毛先にも、どこにでも使えるので、忘れると不安になっちゃう。


ポーチそのものも中身も、かなり地味で色気がないよね。でも私の場合、いっぱいポーチに入れても外出先ではまず使わないので、むしろ家にあった方が出番が多いんじゃないかな、と思う。何はともあれ、読むのが大好きな「ポーチの中身」をできて、嬉しいな。

THE LITTLE WHIM は化粧品における動物実験に反対しています。
取り上げる化粧品は
2018年9月以降、クルエルティフリー(cruelty free: 動物実験をしていない)
に限定しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top