THE LITTLE WHIM

ヴィーガンでサステナブル – インスピレーションが詰まっているインスタグラム&ユーチューブ

生活におけるヒントを求めている時、新しいレシピを探している時、ただただインスピレーションが欲しい時 – インスタグラムやユーチューブを検索する人は多いんじゃないかな。

私も間違いなくその一人。なんとなくの「入り口」を探している時、ビジュアルがある上にそこから更に情報が広がっていくプラットフォームはとても役に立つよね。

私がヴィーガン&サステイナブルなライフスタイルを送るヒントを得る上で、やはり自分が住む国であるアメリカの情報はとても役に立つ。そして英語で情報が得られる上にヴィーガニズムがより進んでいるように感じる(ただ「隣の芝は青い」的な現象かもしれないけれど)イギリスのソースも参考にすることが多い。

日本に住む人は日本の情報が最も有効的で活用しやすいと思うけれど、他の国のヴィーガニズムやサステナビリティにも興味がある人もきっといるよね。

そこで今回は、私がインスピレーションを受けるアメリカやイギリスのインスタグラムやユーチューブチャンネルを紹介するね。それぞれのアプローチは異なるけれど、共通しているのは全員ヴィーガン(エコの一番のポイントとも言えるのはヴィーガンライフスタイル!)、そしてサステイナブル/ローインパクト/クルエルティフリー/エシカルといった地球環境への負荷の軽減にフォーカスしているというポイントだよ。

VENETIA LA MANNA

Instagram @venetialamanna
YouTube @Venetia La Manna

ロンドンベースの彼女はゼロウェイストやサステナビリティそしてスローファッションをトピックとしてよく取り上げている。

私が特に好きなのは、#oootd (old outfit of the day) のハッシュタグで提案する、ヴィンテージや長年愛用しているアイテムでのスタイリング。気取らないけれどファッションをエンジョイしていて、見ている方も楽しくなる。新しいものやトレンドにこだわらず今自分が持っているものやすでにこの世に存在しているものでファッションを楽しむことをポジティブに伝えている。

View this post on Instagram

NO, ZARA IS NOT SUSTAINABLE. 🌎⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ I get a DM a day asking if Zara is sustainable. Short answer: No. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ Longer answer, the company is tRyInG. They’ve set some hugely ambitious targets for 2025, including: ⁣⁣⁣ •for all of its collections to be made using 100% sustainable materials⁣⁣⁣ •80% of the energy consumed to be from renewable sources ⁣⁣⁣ •zero landfill waste from its factories. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ It’s great to have goals. But Zara’s track record is NOT GREAT. They failed at their goal to pay their workers a living wage and they’ve failed to acknowledge that fast fashion WILL NEVER BE SUSTAINABLE. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ It’s essential for me to acknowledge my privilege as a white girl with time and money to think about how she gets dressed in the morning. I shop second hand out of choice, not necessity. But if you have a similar privilege, I’d ask you to consider the following…. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ ❗️By 2050, it is estimated that clothing production will account for 25% OF THE WORLD’S CARBON BUDGET. This is more than road transport and agriculture ❗️⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ To me, it’s not about whether or not a garment is made from unicorn tears and avocado stones, it’s about being needlessly encouraged to OVER consume. We are being constantly bombarded with messages from fast fashion brands that we “NEED THIS TREND” and to “BUY NOW BEFORE IT’S TOO LATE”. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ The main trend we NEED to be focussing on RIGHT NOW, is the climate crisis. If we don’t act now, it will literally be too late. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ So it’s time to celebrate the clothes that are already in existence. Look after what you have and mend them when they break. Swap with your friends. Rent, beg, borrow (maybe don’t steal). Use the internet. Use your local charity shops and vintage stores. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ ✊STAND UP against the bullsh*t because NOTHING FEELS AS GOOD AS SHOWING LOVE TO THE PLANET WE’RE LUCKY ENOUGH TO CALL HOME✊⁣⁣ ⁣⁣ ♻️ #OOOTD: skirt and blazer are vintage. Hoodie is @riley.studio. Kicks are @veja.

A post shared by Venetia La Manna (@venetialamanna) on

View this post on Instagram

• It can take over 15,000 litres of water to grow the cotton to make just ONE pair of jeans.⁣⁣ ⁣⁣ • The fast fashion industry is responsible for producing over 20% of global wastewater. ⁣ ⁣ While those terrifying statistics settle in, I want to say that I know how hard it can be to find good quality, well fitting jeans for every sizes, and that’s before you take second-hand and slow brands into consideration. 
Fortunately, there are a lot of discarded jeans to go around in your friend’s wardrobes, charity shops and vintage stores. And if actual stores aren’t an option for you, sites like @Depop, @Ebay, @thredup, @vinted + @vestiaireco are all awesome online spaces to scour. ⁣⁣ I have quite good luck with vintage jeans – but I’m aware that being ‘standard size’ makes this much easier for me. This is an issue that I’ll be discussing in next week’s episode of #TalkingTastebuds – so keep your eyes peeled and ears open for that one! ⁣⁣ And if your mates or second hand aren’t quite cutting it for you in the jeans department, @lucyandyak boast the best, most affordable eco-friendly pairs I’ve come across. ⁣⁣ ⁣⁣ … BUT please try and make ‘sustainable’ brands your last option. The majority of the population are not yet aware of the devastating impact the fashion industry has on our planet – so we have a lot of work to do in the time being. And remember, LESS IS MORE. ⁣⁣ ⁣⁣ ♻️#OOOTD: @lottiemurphy_ and I swapped jeans and I’m not sure when we’re giving them back. Top and converse: 3 years old, coat: @embassyofbricksandlogs

A post shared by Venetia La Manna (@venetialamanna) on

View this post on Instagram

I know I’m late to the party (been a bit preoccupied), but I am completely astonished after watching the @BBC documentary series ‘Breaking Fashion’. The show centres around @InTheStyle + their founder Adam Frisby, as the brand churns out bi-weekly collections, in collaboration with inFluEnCeRs. ⁣⁣⁣ The lines have been created in less than 12 weeks and the first launch earns the brand £64,000 in less than an hour.⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ @InTheStyle’s #Goals are to take on @PrettyLittleThing and @Boohoo as the most profitable online fashion retailer 🤢⁣⁣⁣ At the start of each ep, Adam says “When people think, ‘oh it’s fast fashion that means they’re not sustainable, that means they don’t care’, I like to challenge that.” But all the show demonstrates, is his inexhaustible need to churn out product at a rate at which the climate crisis stands absolutely no chance, whilst bragging about the profits. ⁣⁣⁣ When facing the backlash on Twitter from people concerned about the brand’s ethical policies, Adam suggested they “get a day job”, calling them “complete idiots”. And, um, this: “maybe take yourself down the job centre and see if you can get yourself employed, it’s a much better way to have a purpose!” In episode 6, Adam suggests that he wants to support causes that matter, like the body positivity movement. Adam, if you care about inclusivity and diversity as demonstrated in the campaign for this collection, then you should listen when we ask: 
WHO MADE THESE CLOTHES? Because chances are, they‘re female, and you’re not paying them a living wage. Fashion is a feminist issue. And it’s a planetary issue. And I’m not asking for that to be plastered across a t-shirt. I want you to think about the impact that your brand is having on females across the world and the planet that you’re so desperate to live a business class, baller lifestyle on. ⁣⁣⁣ The ‘sustainability’ page is a load of BIG STATEMENTS in BOLD LETTERING. But with the amount of product on site, you’re doing sweet FA.⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ Our planet can’t handle this bullsh*t. ⁣⁣ #OOOTD: Max’s 16 y/o varsity jacket, tops: @camilla.bloom

A post shared by Venetia La Manna (@venetialamanna) on

ロンドンを中心にイギリスのヴィーガンフードシーンが見られるのも嬉しい。

実は最近結婚した彼女。お相手はヴィーガン・ゼロフードウェイストのレシピを提案するアメリカ人シェフ。婚約指輪も #oootd のコンセプトから彼がアメリカで見つけたアンティークと明かしていて、きゃーなんてロマンチック!とときめいちゃった。

ユーチューブでは、彼女たちの結婚式に関するビデオもアップされていた。ドレス、式場のデコレーション、ヴィーガン料理、招待客への対応など多くの点でローインパクトの配慮がされていて、このカップルが大切にしていることが詰まっていて素敵だった。

LAUREN SINGER

Instagram @trashisfortossers
YouTube @Trash is for Tossers

ブルックリンのウィリアムズバーグでゼロウェイスト生活をサポートする Package Free Shop を運営し、4年間のゴミがメイソンジャー1つに収まった姿で世界を驚かせた彼女。最近マンハッタンのチェルシー・マーケットにも出店したみたい。

ゴミの出ない徹底した生活をまるで苦のないことのようにやってのける様子を見ていると、私にでもできそうかな?と感じるけれど、実際のところ足元にも及ばない。

ただ、察するに彼女が住むエリアと非常に近くに住む私は、例えば同じファーマーズマーケットに行き、同じコンポストの回収場所で生ゴミを出しているのが写真からうかがえて、とても親近感が湧くしやる気にもつながる。土曜日にコンポストを持っていく際いつか遭遇するかも、なんて。

彼女のユーチューブチャンネルでは、4年分のゴミが入ったメイソンジャーの中身を公開する伝説のビデオを観ることができる。

彼女が人を惹きつけるのは、生活レベルではゼロウェイストを普通(もしくはそれに近い簡単なこと)に見せてくれつつ、ビジネスオウナーかつアントレプレナーとしてのパワフルな姿もあわせ持っているいるからではないかな。

その他にも彼女は Harper’s Bazaar や Refinery29 など多くのユーチューブチャンネルにゲストとしても出演していて、ゼロウェイスト・ライフスタイルへの取り組み方を解説している。

SHELBI

Instagram @shelbizlee
YouTube @Shelbizlee

ゼロウェイストにフォーカスした情報をテキサスから発信。

以前はダンプスター・ダイビング(小売店が処分した在庫を漁ること)をしていた彼女。現代社会で日々生み出される無駄について気づかせてくれて、消費者としてそれにどう取り組むべきか考えるきっかけをくれる。

彼女は、私たちが作り出す無駄をゼロにするのは現実的には不可能、でもできる最大の心がけをすることが大切、というスピリットでメッセージを発信している。

私が彼女のユーチューブの中で好きなのは、Anti-Haul のシリーズ。私たちが日常生活を送る中で「それっていらなくない!?」「すっごい無駄なんだけど!」という何かについてひたすら話す。

当たり前になっているけれど、確かに必要ないわ・・・という気付きの連続で、おもしろい。季節ものにフォーカスしているエピソードは特にリアリティがある。

その他にも、アメリカの大手スーパーマーケットでプラスチックゴミを出さないでヴィーガンショッピングできるか!?というチャレンジをする Zero Waste Grocery Shopping シリーズもおもしろいよ。

MADELEINE OLIVIA

Instagram @madeleineolivia
YouTube @Madeleine Olivia

イギリスはコーンウォールをベースにする彼女は、ヴィーガンレシピやサステイナブル・ライフスタイルに関する本を出版している。ファッションのスリフトショッピングについてもよく触れている。以前、「ながら見でも新しい何かをくれる、お気に入りの ユーチューブチャンネル」でも取り上げた。

私が彼女のユーチューブチャンネルを見つけたきっかけは、簡単に作れるヴィーガンレシピの数々。料理が得意ではない私にとって、現実的で低予算ながらも栄養たっぷりのヴィーガン料理を紹介してくれる彼女のチャンネルは大助かり。特に鍋1つでできるものやワンプレート・レシピが彼女の十八番。

作った後に、まさにもぐもぐと口をいっぱいにしながら試食する彼女の様子を見ていると、普通だけれど hearty(心がこもった)なおうちご飯が大好きな私は作ってみたい!といつも思うし、実際に試したレシピがいっぱいあるよ。

RHIAN HY

Instagram @wifelife
YouTube @Rhian HY

最後に紹介するのは、ミシガンに住むイギリス人。彼女はヴィーガン & クルエルティフリーに特化したビューティ情報を多く発信している。

私もビューティにおいてヴィーガン & クルエルティフリーは大切な基準になっているけれど、正直調べるのが面倒な時もある。彼女はどちらの条件も満たしたものしか取り上げないので、安心できる。

サステナビリティにおいてはそこまでフォーカスはされていないけれど、再利用できるアイテムやリサイクルの仕方についても触れている。メンタルヘルスやウェルネスなど幅広いエリアをカバーしている彼女のビデオを通して、メイクアップが大好きな私にとっては、節度を保ちつつ自分の好きなものを動物の犠牲なく楽しむことが、自分の人生をもっと楽しむことにつながるのを改めて感じさせてくれる。


以前「サステイナブル・ライフスタイルを目指す上で気にかけている5つのこと」という記事でも書いたけれど、個人の生活環境やアイデンティティはそれぞれで、いきなりたくさんのことを変えていくことは難しいしかえって失敗につながることもある

そしてインスタグラムやユーチューブからはアイデアやヒントを見つけやすいけれど、自分の生活に置き換えた際に見た目上の「映え」を求めることはない

関連記事: サステイナブル・ライフスタイルを目指す上で気にかけている5つのこと

そういった要素がストレスになったり、実は環境に負荷を与える逆効果があっては本末転倒だよね。インスタグラムやユーチューブはあくまでインスピレーションを得てモチベーションを高めるツールとして使い、自分の生活に落とし込めそうな具体的なヒントやアイデアを少しずつ試していくのが理想的なんじゃないかな、と私は思う。

トップへ戻る