THE LITTLE WHIM

古いものでエコに楽しむ2020年春のトレンド VOL. 1 – 定番アイテム

私のインスタグラムをフォローしてくれている方はご存知かもしれないけれど、#oootd (old outfit of the day) というハッシュタグの元、私は古いものを楽しむファッションを心がけている。

#oootd について、詳しくはこの投稿のキャプションから

#oootd はいたってシンプル、ヴィンテージや古着、お下がりやトレードしたもの、長年愛用しているものなど古いものを活用するのがコンセプト

私は元々わかりやすいトレンドを追うタイプではないし、デザインや品質にこだわって、長く愛せるものに囲まれていたい。

とはいえ、着こなしに少し変化をつけたかったり、新しい季節を迎えるにあたってリフレッシュさせたかったり、単にインスピレーションが欲しくて、ランウェイが気になる時もあるよね。

そこで THE LITTLE WHIM では、#oootd の目線から最新 2020年春のトレンドを見ていきたい。Harper’s Bazar や Vogue UK のランウェイに関する記事を参考に、今持っているものや古着を使って #oootd できそう & 日常に取り入れやすそうな10のトレンドをピックアップし、2回に分けてお届け。

参考記事: 12 Standout Trends That Ruled the Spring 2020 Runways (Harper’s Bazar)
参考記事:
The 12 Biggest Spring/Summer 2020 Trends (Vogue UK)

ファッショントレンドは巡り巡るもの。xx スタイルや xx 年代風というのは過去に生まれたものだし、真新しいことってほとんどない。新しく作られたものを買わなくても、トレンドの楽しみ方は自分のワードローブやこの世のどこかにすでに存在しているんだよねということを伝えたいです。

第1回目は、定番アイテムの2020年最新の楽しみ方にフォーカス。

1. シャツを着こなしの主役に
左: The Row | 中: Victoria Beckham | 右: Dior

まずは、おそらく誰でも1枚は持っているだろうシャツ。この春のランウェイではシャツをきれいに着て主役にする着こなしがたくさん登場したよ。ボトムにインするスタイリングが多かったのもポイント。

The Row(左)は、クリーンで正統派の品がありつつもスタイリッシュに見えるスタイリングの宝庫。全体をクールトーンに抑えて、シャツの中にタートルネックを着て、スカートは細めのシルエットをセレクトし腰で履く。髪はピタッと整え、それだけでこなれて見えるこの感じ、すぐにでもできそうじゃない?

10周年を迎えた Victoria Beckham(中)のランウェイではシャツが多くのルックに使われていた。70年代にインスピレーションを得たというだけあって、特に襟が尖ったちょっとレトロなタイプが Victoria の気分みたい。私は写真の一昔前の教師風なスタイリングがすごく好きだったなぁ。色のトーンを揃えて、タートルネックを中に着て、髪はコンパクトにするのが The Row と似ているね。

3つ目は Dior(右)から。2020年春の Dior は、パリを拠点とするエコデザインチームである Coloco とチームアップしてサステナビリティをテーマにランウェイを発表した。ジャングルを彷彿とさせるショー会場に使われた木は、上昇した気温により生存が危ぶまれる地域から集められ、ファッションウィーク後にパリ市内で植林。コレクションにおいても、写真のスカートのように自然を意識した素材や手作業による加工がふんだんに散りばめられていた。実際に Dior はサステイナブルか?まだまだだと思う。でも老舗ラグジュアリーブランドが伝えようとしているファッションと未来の共存のメッセージは、美しかった。ファストファッションとはまた異なる背景の問題を抱えるラグジュアリーファッションのサステナビリティ – 今後どう進化していくかに注目したいところ。あ、シャツについてを忘れてる・・・シンプルなシャツを特徴のあるスカートに負けないくらい潔く着ているのが素敵だった。キーはベルトとハットのアクセント。

2. ダボっと着たいデニム
左: House of Holland | 中: Givenchy | 右: Khaite

デニムのシルエットやスタイルに流行はあるけれど、似合う・似合わないも大事だよね。今シーズンはだぼっとしたものが目立ったので、持っている・好きな方には朗報!そうでなくても、この感じを試してみたい人は、デニムは古着で溢れているので見つかりやすいんじゃないかな。もしくは家族や友人で自分よりサイズが大きい人から借りちゃうのもあり。デニムは製造(特に染色)で大量の水を使い水質も汚染するアイテムなので、新しく買わずにトレンドを楽しめたらいいよね。

House of Holland(左)のスタイリングは、ちょっと敬遠しがちなデニム on デニムをやってみたい!と思わせてくれたよ。少し大きめでクロップド丈のデニムジャケット、中にはポイントになる柄を忍ばせ、テーパード気味のデニムパンツを合わせる。シューズで遊んでいるのもポイント。

Givenchy(中)は太めで激し目なダメージのあるデニムパンツを、ミニマルなデザインの白のジャケットでドレスアップ。ヒールを合わせて、ダメージデニムの洗練された着こなしといった感じ。このコレクションにおけるデニムのインスピレーションは90年代から来ているらしいので、まさしく #oootd しがいがある!

Khaite(右)はニューヨークファッションウィークの中で注目しているブランドの一つ。甘めのアイテムが多く、そしてその甘さをあえて残したまま仕上げるのがかえって新鮮。エディトリアル映えがありながらも、実際に着やすいブランドとして、ここのところひっぱりだこ。写真の着こなしは、胸元が大きく開いて体にフィットするトップのぺプラムの裾から、その延長のように広がるインディゴの太デニムを合わせている。甘さとゆるさがあって好き。

3. ベストは単体・重ね着どちらでも
1. Celine | 2. Acne Studios | 3. Saint Laurent

驚く人もいるかもだけど、ベストも多かったんです、今シーズン。そして着こなしは様々だったので、持っているものや好みに合わせて楽しめるんじゃないかな。

70年代を意識した Celine(左)のコレクションは驚くほど地味だった。しかしデザイナー エディー・スリマンの手に掛かると、70年代のボーホースタイルもなぜか都会的でシャープになるから不思議。写真のベストはまさしく70年代のテイストが詰まっている。ブラウスとブーツカットのデニムを合わせて完成するこのスタイリング、好きな人も多いのでは?

打って変わって Acne Studios(中)からは全く異なるベストの提案。全体的にレイヤリングが目立った中、大きめで四角いシルエットのベストはまるで仕上げのアウター感覚。人気がなくて古着屋でも埋もれていそうな、メンズの中でも特大サイズのベストを救済できるかも!?

Saint Lauren(右)のベストは単体で!おまけにホットパンツというこの写真の着こなしの潔さは、モデル カイア・ガーバーのクラクラしそうなほど均整のとれた肢体が着こなすと圧巻!このルックはちょっと勇気がないな、という方でも、ベストをタンクトップ感覚で着るのはおもしろいと思う。がばがばしないように、柔らかめの素材で程よく体にフィットするベストをトップとして着てみるの、いかがでしょう。

4. トレンチコートの着回し力を改めて考える
左: Burberry | 中: Patou | 右: Gucci

個人的には、毎シーズン必ずと言っていいほど語られるトレンチコートのトレンドはもはや信用していない。そんな中注目したいのは、改めて感じるトレンチコートの持つ無限の可能性。ベルトを閉めてドレスのように着たり、肩を落としてゆるっとストリート感を楽しんだり、正統派にカチッと着たり。定番のアイテムを長く着るのは #oootd の要だし、おまけにスタイリングが無限大なトレンチコートはやはり最強アイテムだね。

Burberry(左)は引きずるほどのロング丈のトレンチコートをドレスパンツで仕上げながらもストリート感があり、トレンチといえば、というこのブランドがトレンチを熟知しているのを感じさせた。憧れのバーバリーのトレンチはヴィンテージでもたくさん見つかるので、この機会に!と思う方は古着屋さんを巡って自分にしっくりくる1枚を探してみるのもいいかも。そしてブランド自体は、在庫衣料の焼却を今後しないことを宣言、廃棄プラスチックから作られ再生し続けるナイロン繊維である ECONYL を使ったトレンチコートのカプセルコレクションの発表など、老舗の頑固ブランドのイメージを打ち壊しサステナビリティにも目を向け始めている。

Patou(中)は、個人的に Carven 時代が大好きだったデザイナー ギョーム・アンリによってコレクションが展開された。「友達に服を着せる感じ」を意識しているという彼のルックには、普段に取り入れやすいアイデアやヒントがいっぱい。軽めのトレンチのベルトを閉めて、中は足を思いっきり出しているこのスタイリングはすごくフレッシュでかわいい。

ここ最近の方向性的に正直言うと取り上げるのにちょっと気が引けちゃう Gucci(右)なんだけど、このトレンチコートの着こなしは好き。シングルで膝丈のタイプは、背が低めだったり体が小さめな人に合わせやすい。全体的にちょっとどんくさい感じのスタイリングは、実際にどんくさい私にちょうどいいかも。

5. 新鮮!バミューダショーツ
左: Givenchy | 中: N. 21 | 右: Rejina Pyo

定番アイテム編の最後はバミューダショーツ!ここ数年流行りの兆しを見せていたけれど、ここに来て本格化した模様。古着屋さんでは結構置いてるし、ゴルフショーツでもいけちゃうと思う。家族や友人からメンズタイプを借りられる人もいるんじゃないかな。

Givenchy(左)はセットアップでバミューダショーツを提案。一見難しそうで、実は着やすいのかも。完全な揃いでなくても、同じ系統でスーツ感覚で着るのはおもしろそうじゃない?素足のリラックス感もポイント。

N. 21(中)はゆるっとしたニットにたっぷりタックが入ったタイプのバミューダショーツを合わせ、足元はストラップサンダル。初夏にこの感じでディナーに現れたらかっこいい!

こちらも私がここ数シーズン気に入っているデザイナー、Rejina Pyo(右)。彼女もセットアップだけれど、素材は麻で軽さがある。ショーツもバミューダとしては短めで丸みもあるので、キュロットの感覚に近い。この写真はショーのファーストルックなんだけど、2000年代に最強のスーパーモデル集団の一人だったジャケット・ウィーラーがランウェイに復活したのです。最近のランウェイは人種・ジェンダー・体型の多様性が叫ばれているけれど、年齢も広くなっているのは素晴らしいこと。


随分と余談も多かったけれど、2020年春のトレンド、#oootd するインスピレーションはいっぱいでワクワクしちゃった。

第2回、ひねりありのアイテム編はこちら

最後に!この記事を読んで春のファッションが楽しみになっても、それを再現するのにファストファッションのお店に行かれてしまっては私の本望とは大きくズレてしまいます。まだまだ春までは時間もあるので、ぜひ自分のワードローブを見直したり、周りから借りたり、古着屋さんや地域のフリーマーケットなどを探してみてね。

ファストファッションについて私が思うこと、お時間がある時にでも。

Scroll to top