THE LITTLE WHIM

iHerb で買える、ヴィーガンのお気に入り

たまーにいただく質問 – 「iHerb でオススメのヴィーガンアイテムありますか?

私は一般日用品を選ぶ際、

  • ヴィーガン(動物由来の成分が含まれていない)
  • クルエルティフリー(動物実験がされていない)
  • 遺伝子組み換えなし*
  • オーガニック*
  • ゼロウェイスト*
  • フェアトレード*

*可能な限り選んでいますが、100%ではありません。

といった視点から買い物をしたい。同じように考えている方には、お住まいの地域によっては買いにくい場合もあるみたい。その点 iHerb は上記の条件を満たすものが比較的探しやすいし、多くの国や地域に発送している上に、セールのタイミングならお買い得になることもある。

ところが実は・・・私は iHerb をあまり利用しない。

都会に住んでいて近くで欲しいものを買えることが多いし、その方が好きだから。iHerb は、夫婦で摂る B12 と夫用のビタミンDのヴィーガンサプリメントを購入するのに使うことが年に1回あるかないかくらい。

パンデミックにより3月以降外での買い物が難しくなり、サプリメントが切れていたタイミングで、ほかにも日常的なものをまとめてオーダーした。なので、オススメというほどリピートしたものばかりではないけれど、今回選んだものや、ほかのお店で買ったけれど iHerb でも買えるものの中で、気に入った5点を集めてみたよ。

以前こちらの記事に書いた、受動的・能動的購買。私は必要ない需要を作り出したいとは思っていないので、探しているものでいいなと思ったら検討するくらいの材料として考えてね。

Nutiva | オーガニックココナッツオイル
バターフレーバー

Nutiva | Organic Coconut Oil Butter Flavor

これは実は、私にとって初めてのヴィーガンバター購入。

スーパーマーケットなどで売っているヴィーガンバターはなんだかいろいろ入っているし、パーム油を避けるのも難しそうだったので、お菓子を焼く時やトーストにバターの代わりが欲しい時は、アボカドオイルやオリーブオイルを使うことが多い。

この Nutiva(ヌティバ)のものは、オーガニック遺伝子組み換えなしのココナッツオイルがベースで、材料のリストもシンプルで短いので買ってみた。プレス加工がしっかりされているタイプなのは、ココナッツの風味を消すためだと思う(それにより栄養分は少なくなると言われている)。パーム油不使用バターの風味は化学物質ではなく、オーガニックで遺伝子組み換えなしのサンフラワーやミントなどを発酵させたものから来ているそう。

匂いはどこかチーズっぽくて、味は、植物性バターやマーガリンにありがちな感じ。冷蔵庫に入れておくと固まっていて、トーストに塗ったらゆっくり溶ける。フランス産の発酵バターとかそうゆうのみたいな風味はないけれど、ジャムと一緒に食べたら美味しい。リアル過ぎるのもこわいので、ほどよく「バターっぽさ」が楽しめるくらいの方が私はかえっていいかな。

ヴィーガンバターはプラスチックパッケージが多い気がするのだけど、こちらはガラスジャーに入っていて使い回しができるところもポイント。

Rapunzel | 有機栽培ココアパウダー

Rapunzel | Organic Cocoa Powder

こちらは外出禁止生活開始時にハマって週1ペースで作っていたグラノーラ用に。

近所で、オーツ麦やナッツ類は量り売りで買える場所が残っていたのだけれど、ココアやスパイスを扱っているところは営業していなかったので、iHerb で Rapunzel(ラプンツェル)というブランドから選んだ。オーガニック遺伝子組み換えなし、そして Hand in Hand というフェアトレード基準を満たしている。100%ココアのみの無糖タイプなので、グラノーラを作る際に使うアガベシロップやメープルシロップの甘みを邪魔をしないところも使いやすい。しっかりココアの味。

ちなみに本体パッケージは紙だけれど、使い捨てコーヒーカップの内側みたいに加工がされている気がする。フタと底はプラスチック。そしてリサイクルマークも見当たらない。なのでゴミ的には満足ではない。

Sappo Hill | グリセリンクリーム石鹸
オールドファッションオートミール

Sappo Hill | Glyceryne Cream Soap Old Fashion Oatmeal

続いては Sappo Hill(サッポ・ヒル)のヴィーガン & クルエルティフリー石鹸。COVID-19 の影響で手を洗う回数が劇的に増えたのと、買い物に行きづらい中切らしてしまうのを避けたかったのもあり、12個入りセットを購入。

原料・匂いの異なるタイプがたくさんある中で、私が選んだのはオールドファッションオーツ。オーツ麦はオーガニック遺伝子組み換えなし。使われているパーム油は、 WWF の RSPO 認定のもの(この基準には賛否両論あり)。パラベン、フタル酸 (Phthalate) やラウリル硫酸ナトリウム (SLS) を不配合。2003年から製造におけるカーボンオフセット、そして再生エネルギーを利用している。

オレゴン州で伝統的な手作りの製法で作られているそう。

オールドファッションオーツにはフレグランスフリータイプもあることに後から気づいた!ので、私は香り付きのもの。ちょっと甘ったるいバニラ系の香りで正直すごく好きではないけれど、使い心地は肌の上で柔らかくなめらかで、心地いい。手洗い用に2箇所、体を洗う用にシャワーでも使い始めたので、ダース入りを買ってよかった。

12個が、個別パッケージなく紙の箱にそのまま入っているのが気持ちいい!アメリカのホールフーズマーケットで売っているのも見たことがあって、その場合は完全にバラ売りのパッケージフリー。

Auromère | アーユルヴェーダソープ
ニーム & サンダルターメリック

Auromère | Ayurvedic Soap with Neem, Sandal-Turmeric

こちらの石鹸は、洗顔用。もちろん、ヴィーガン & クルエルティフリー

インドのアーユルヴェーダに基づくブランド auromère(オーロメア) は、北カリフォルニアにある非営利のヨガアシュラムによって運営されている。利益はこのアシュラムと、アメリカとインドのその他のヨガの発展に使われるそう。

原料は、遺伝子組み換えなしが中心なようだけれど、残念ながらオーガニックではないみたい。自分で原材料リストを確認する限り、パーム油不使用。ココナッツオイル、キャスターオイル (ひまし油)、ニームオイルなど肌に優しい脂肪を多く含み、化学的成分は使われておらず全て植物由来(ゆえに水質汚染の可能性が低い)で、手作業で作られている。

シャワーに置いてあるんだけど、(小さな)バスルーム全体がいい匂いになる。サンダルウッドなのかな?優しいスパイシーな香り。肌はほどよくきゅっとなって、でも潤いを持っていかれる感じでもなく、混合肌の私にはちょうどいいし、普通肌の夫も気に入っている。

紙パッケージで、石鹸そのものはワックスペーパーのような紙に包まれていたよ。プラスチックフリーで、しかもすごく長持ちしそうなので、エコ。原料がオーガニックだったら言うことなしなんだけどな・・・。

Heritage Store | オーガニックひまし油

Heritage Store | Organic Castor Oil

最後は、前にも紹介した Heritage Store(ヘリテージ・ストア)のキャスターオイル (ひまし油)。ヴィーガン & クルエルティフリーのもの。

オーガニックのキャスターオイル で、ほかに何も入っていない100%のフォーミュラ。私はまつげや眉毛のケアを目的に買っているけれど、すごく万能オイルなのでボディケアやヘアケアにも使っている。詳しくは以前の記事を読んでみてね。

Heritage Store のキャスターオイルは、2010年に地震で被害を受けたハイチからソースされており、そこで働く女性たちをサポートしている

空になったら容器や花瓶として活用できるガラスボトル。大容量なので、長持ちさせるために、光から中身を守るダークカラーなのがいい。

そして、冒頭で話したサプリメントについて。夫婦ともに健診の結果とその際の担当医のアドバイスに沿って足りない栄養分を補足している。どのブランドのどのプロダクトを選ぶかも、助言をもらっているよ。

専門的な知識をベースに個人の体の状態にあわせて選ぶべきだと思うので、私が摂っているものの紹介は控えます。


繰り返しになるけれど、私はできるだけ近くで買える、ローカルなブランドから、必要なものだけをショッピングするように心がけている。ゆえに今回のパンデミックといった理由があるような場合を除いては、 iHerb の頻繁な利用者ではない。とはいえ、お住まいの場所の少しでもサステナブルでエシカルなものへのアクセスのしやすさ、予算、好みなどによっては iHerb のようなマーケットがほかより優れた選択肢になる方もいるのかな、といただくコメントなどを読んでいて思うことがある。

私の選択やそのクライテリアが完璧だとは思っていないけれど、私の提案から気づく「いいな」や、もしくは場合によっては感じる「そうじゃないな」を通して、日用品の選び方を一緒に考えられたら嬉しいです。

iHerb を利用する際、クーポンコード <OKI1915> で5%オフになります。(私にも特典が入ります。)

THE LITTLE WHIM は化粧品の動物実験と動物由来成分使用に反対しています。取り上げる化粧品は2018年9月以降クルエルティフリー(動物実験をしていない)2019年8月以降ヴィーガン(動物由来成分不使用)に限定しています。

トップへ戻る