favoritepodcasts

COOKIEHEAD オススメのポッドキャストいろいろ

メイクアップをしながら、料理や掃除をしながら、なんとなく何かを聞く目的でよくユーチューブを流していたのだけれど、最近はすっかりポッドキャスト派に。何かをしながらで映像にあまり注目していないことが多く、だったら耳からしっかり情報を得られる方法の方がいいかなっていう(当たり前の)結果。

※ ユーチューブも相変わらず好きなので、観る時もあるよ!オススメチャンネルは以前の記事で。

私のライブラリーに入ってるチャンネルの多くは、一般的なニュース系、サーキュラーエコノミーや、サステナブルなライフスタイル系、今の社会における多様性を考える系、あとはウェルネス系って感じかかな。あまり重すぎず、とはいえ社会性のあるものが好き。自分はどう思うかを、聞きながらぼーんやり考えたりする。今のところエンタメ系やストーリーテリング系にはあまり興味がないかな。

では、ざっくりとにはなるけど、オススメのものを紹介していきまーす。全て英語のものだから、勉強したい方にもためになるといいな。

ニュース

朝一にミニマルな情報インプット

THE DAILY / THE NEW YORK TIMES

デイリーニュースアップデートとしてアメリカでよく聞かれているのがこちら。以前は通勤の電車の中で、今は起きてコーヒーを入れながら再生するのが日課になっている。ニューヨークタイムズらしいインサイトフルな報道。気になることがあったらそこからニュースを検索することも。

UP FIRST / NPR

NPR (National Public Radio: アメリカの公共ラジオ)が展開するニュース番組。The Daily に比べるともっとシンプルで、昔ながらのニュース番組のような構成。NPR はアメリカで最もニュートラル(リベラルと保守の均衡がとれている)メディアの一つと言われているので、そういった意味で聞きやすい。短めで簡潔なニュースソースとして最適。

WHAT NEXT / SLATE PODCASTS

こちらは一味違って、Slate が独自にピックアップしたタイムリーなトピックについて、ホストの Mary Harris(先ほどのNPR 出身)がその分野におけるスペシャリストとディスカッションする形式。議論になりやすい話題をストレートに無駄がない会話で展開するので、わかりやすく疲れない。朝に聞くのに程よいシリアスさがある。

サーキュラーエコノミー/
サステナビリティ

サイエンスからライフスタイル、ファッションまで

EXPLORE THE CIRCULAR ECONOMY / ELLEN MACARTHUR FOUNDATION

私が今最も関心を持っているテーマであるサーキュラーエコノミー。従来の一直線 (linear) な経済から、循環型 (circular) な考え方・構造づくりへのシフトを考える – その世界を牽引する存在である Ellen MacArthur Foundation によるポッドキャスト。入門者にもわかりやすい内容から、食、製造業、農業など具体的なインダストリーに特化したエピソードまで盛りだくさん。サーキュラーエコノミーは、今あるものを大切にする現状維持から成り立つスピリットではなく、今あるものを使い続けるサイクルをビジネス・ライフスタイルとして確立し、終わらないループのもと、ビジネスも人も営みを続けられる形を提唱している。ワクワクが止まらないこのコンセプトに、今私は夢中!

SUSTAINABILITY DEFINED / JAY SIEGEL & SCOTT BREEN

Jay と Scott、2人のホストによるチャンネル。ここのところ、過去のエピソードを遡って聞きまくっているお気に入りの一つ。「サステナビリティってぼんやりし過ぎじゃない?それを僕たちがしゃんとするよ!」というコンセプト。様々なトピックをサステナビリティの目線から、リラックスした雰囲気の中ほどいていく。エネルギー、ビューティ、IT、教育システム、ビール、etc.・・・回ごとに幅広い項目の一つ一つを、どうやってサステナブルにとらえていけるかを考えるきっかけがたくさん!サステナビリティにフォーカスした就職について話すエピソードは、ユーモアもたっぷりながらこれからキャリアについて考える際に意義深いアイデアが溢れていたよ。

REVERSING CLIMATE CHANGE / NORI

こちらは、Nori という、カーボン・リムーバルを行っている企業によるチャンネル。タイトルにもあるように、Nori は気候危機をリバースすることをコアにしている – これってどういうこと?うまく説明できないんだけど、理解している内容で話すと・・・多くのサステナビリティや環境系の活動では、今ある過剰なものを「減らす」ことが語られている。その中で Nori は、私たちが今の生活をする上で発生させてしまうことは避けられない炭素を地球にうまく戻し、気候危機の進行をリバースする活動をしているんだよね。私もインスタグラム経由で、自分の乗る飛行機から大気に出る炭素を土に還らせるカーボン・リムーバルについて知り、旅行の際には炭素量を算出して Nori 経由でこの取り組みに参加している。このポッドキャストでは、リバースするアイデアを核に、環境再生型農業やサーキュラーエコノミーなど、様々なカテゴリーのビジネスからゲストを招いて専門的な話が聞ける。

ECO CHIC / LAURA E DIEZ

THE LITTLE WHIM の読者の方々の興味には近い内容が溢れているんじゃないかな、と思うのがこれ。気候科学を学び、気候危機のアクティビストとしても活動する Laura が、食品ビジネス、ファッション、ビューティなどのアスペクトからサステナビリティについてゲストとともに語る。人種やフェミニズムなど社会問題の側面にも触れながら、どうしたら地球に住むみんなでこの危機を乗り切るか、という語りも興味深い。

WARDROBE CRISIS / CLARE PRESS

イギリス人でシドニー在住の Clare は、豪 Vogue で初のサステナビリティ・エディターとなった人物。最近 Vogue を去り自身のプロジェクトにフォーカスし出したところみたい。彼女のチャンネルでは、問題点や環境へのネガティブなインパクトが多く語られるファッション業界のサステナブルで新しい取り組みをフィーチャーしている。特に、ステラ・マッカートニーのサステナビリティ・ダイレクター Claire Bergkamp を呼んだエピソード 73は、私自身ファッションビジネスに身を置きながらも悲しい側面が多いことに気が沈みがちな中、現実に真に向き合って取り組みながらも、美しいファッションを作り続ける可能性を追求する姿勢に涙が出たのを覚えている。

社会

ジェンダー、人種、フェミニズム、格差、etc. 多様性と向き合う

TALKING TASTEBUDS / VENETIA LA MANNA

私が THE LITTLE WHIM やインスタグラムでもよく取り上げている #oootd (old outfit of the day) を始めた張本人、Venetia。彼女はローインパクトでヴィーガンなライフスタイルを送り、スローファッションを提唱するアンチ・ファストファッションのアクティビストである一方で、ポッドキャストでは社会的多様性についてよく取り上げている。ボディポジティビティや経済的格差など、多様性を包括したサステナビリティに関する鋭い意見からは、サステナビリティに取り組みやすい特権がある彼女のような存在であっても声を上げるべき、という強い意志を感じるな。その辺りの話を、同じくサステナブルファッションのアクティビストである Aja Barber と話す “Planet vs. Privilege” エピソードは必聴。

GETTING CURIOUS / JONATHAN VAN NESS

あれ、この顔知ってる誰だっけ?と思った方。そうです、クィア・アイ の Jonathan のチャンネルです。私もクィア・アイはアメリカ版で何度か観たことがあって、クィアのメンバーたちの底抜けにハッピーにしてくれるパーソナリティのファン。その中でもグラマラスな魅力たっぷりな Jonathan によるポッドキャストでは、めっちゃ喋るなぁ、喉乾かないかなぁという元気さはそのままに、スペシャリストを招いて社会的な問題を歴史を遡りながらディスカッションしていく。情熱的に話す Jonathan に会えるよ。

ウェルネス

メンタルヘルスや自分自身と向き合う

THE GURLS TALK / ADWOA ABOAH

トップモデルでありアクティビストでもある Adwoa が、メンタルヘルスをオープンにし、一人一人が自分と向き合うことと、社会が個人の問題を受け入れることの大切さをメッセージとして送るチャンネル。本人もかつて鬱に悩み、ドラッグ中毒からリカバリーを遂げた経緯がある。その経験を通して、パーソナルな問題を抱える若い女性へのサポートが社会に欠如していると感じたことから、Gurls Talk という支援団体を設立している。穏やかな語り口で、様々なゲストとともにメンタルヘルスとの生き方を話してくれて、押しつけや無理に背中を押すことがないので、ゆっくり一緒に寄り添ってくれる感覚が残る。

SUGAR CALLING / THE NEW YORK TIMES

ウェルネス系に含むか悩んだんだけど、私にとっては気持ちをなめらかにしてくれるチャンネルなので、ここで紹介。4月に始まったばかりで、小説家である Cheryl Strayed がホストをつとめ、詩人や物書きをゲストに招き、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が世界中に引き起こした混乱の中で、穏やかな気持ちを呼び戻してくれる。「今」の生き方を受け止め、過去と未来を考え、日常に溢れている小さなことに気付き、好きなものを愛で、悲しさと切なさと喜びが一緒になった感じの温かい涙が出てくる。私にとっては、レメディのような存在。


まだほかにもあるんだけど、特に最近よく再生しているのはこの辺かな。仕事や作業をする中ちょっとだけ気を散らしてくれる何かが欲しい方、私と似たようなテーマに興味がある方、英語をガッツリ聞きたい方など、参考になったら嬉しいな。

みなさんのオススメもあったらおしえてください!日本語でも英語でも大歓迎です。

COOKIEHEAD cares about your privacy, so she wants you to know that by continuing to use this website, you consent to the use of cookies on your device as described in her privacy policy.