Do-Rite Donuts and Coffee: Chicago

シカゴの地元で人気というドーナツ屋さん

 
朝6時半(週末は7時)から午後2時までの営業です。8時過ぎに行ったら、地元のお客さんと観光客で行列。

でもグルテンフリーやヴィーガンなども含め種類が豊富なので、待ち時間は選ぶのにちょうどよかった感じ。

 
気に入って2回も行っちゃった。
Candied Maple Bacon Cruller, Buttermilk Old Fashioned, Pistachio-Meyer Lemon

Pistachio-Meyer Lemon, Vanilla Bean Glazed, Double Chocolate Old Fashioned

 
ピスタチオの大きなクランチの載った、ケーキタイプのドーナツのトリコ。甘ったるくないレモングレーズとピスタチオの組み合わせのしっとりしたドーナツは、カロリーなんて気にするの忘れてしまう美味しさです。
 
オールドファッションも周りがサクサクで、イーストタイプもふわふわ。ドーナツのあるべき姿。やはりアメリカの美味しいドーナツは本当に美味しい。

ちなみにベーコンのドーナツは少し前からのアメリカでの流行。ベーコンの甘いものメニュー自体が少し流行っていて、例えばチョコレートがけのベーコンとか、ベーコンのキャンディとか。身体に悪かろうがなんだろうが、好きなものは甘いものにしても食べたい!というアメリカ人の素直さ。
 
ドーナツには欠かせない、コーヒー。
シカゴのDark Matter Coffeeというところの、お店のオリジナル ブレンドを使っているそう。苦味がガツンと。朝の味。


 
お店の外の大きなドーナツが目印です。

バッチリ touristy shot

FOLLOW

ig19px    bloglovingtop    blogmura19px

SHARE

Scroll to top