メトロポリタン美術館の川久保 玲 (ほぼ)全ルック

メトロポリタン美術館の川久保 玲 (ほぼ)全ルック

メトロポリタン美術館で行われているThe Costume Institute のファッション展示、今年は “Rei Kawakubo/Comme des Garçons Art of the In-Between”

 

Via Metropolitan Museum of Art

 

The galleries illustrate the designer’s revolutionary experiments in “in-betweenness”—the space between boundaries. Objects are organized into nine aesthetic expressions of interstitiality in Kawakubo’s work: Absence/Presence, Design/Not Design, Fashion/Anti-Fashion, Model/Multiple, Then/Now, High/Low, Self/Other, Object/Subject, and Clothes/Not Clothes. Kawakubo breaks down the imaginary walls between these dualisms, exposing their artificiality and arbitrariness.

 

ふむふむ、展示のテーマは“Art of the In-Between” 。なになに、川久保 玲が、異なる事柄の「間」にあるスペースに生み出した革命的な実験。例えば存在と不在、主題と対象、自と他、などの、異なる境界の間にある9つの審美的な表現。川久保 玲は、二元論上で相反するものの不自然さや気まぐれさを露わにしながら、それらの「間」にある想像の壁を壊す。ふむ。

 

しかし実際に展示室に足を入れた途端、これはとてもシンプルな展示だと感じた。テーマはただ各ルックのカテゴリーわけに必要だっただけかのよう。Comme des Garcons の服が持つデザインと圧倒的な存在感に全てはかかっている。多くの仕事はなされていない。別にそれを批判したいわけではない – むしろそれでいいと思う。これは真に、デザイナーのこれまでの創造をじっくり眺め、ブランドの世界に浸る場である。ただそこに100を超えるComme des Garcons があるというだけで、そこは極めて純度の高いComme des Garcons の世界だった。(事実、展示の仕方は青山のComme des Garcons 本店のレイアウトに似ていた。)

 

 

展示は今年の9月まで。

 

 

Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top