SUNDAY RILEY を使い始めて一か月

SUNDAY RILEY を使い始めて一か月

メイクアップのトピックが続いたけれど、今日はスキンケア。 先月購入時に書いた、Sunday Riley(サンデー・ライリー)の Good Genes(グッド・ジーンズ)と Luna Sleeping Night Oil (ルナ・スリーピング・ナイト・オイル)について、質問を頂いた。

私もはCOOKIEHEADさんと同世代で(多分少し年上ですが)、アメリカ西海岸に住んでいます。Sunday Riley は価格に見合う効果がありますか?買おうか悩んでいるんです。

気付けば使い始めて一か月経っていて、そして効果が見られているので、今回はレビューをしてみることに。基本的な情報から、私の使い方、そして感想を。日本語での情報はまだまだ少ないブランドなので、参考になると嬉しいな。

私が肌に抱える悩み ‐ Sunday Riley を使おうと思った理由でもあり
  • 現在30代前半、ドライ寄りのコンビネーション肌
  • 若い頃から吹き出物ができやすいタイプで、最近は減ったけれど生理前にはできることも
  • 毛穴が詰まりやすく、特に額とあご周りにテクスチャがある
  • 目の周りに細かいシミやそばかすが。ニキビ跡の色素沈着も気になる
  • 疲れている時は肌のハリが若い頃に比べ減ったように感じる
Good Genes とLuna Sleeping Night Oil が謳う効果や主要成分とは
Good Genes

数あるピーリング成分の中ではマイルドなタイプに分類される乳酸 (lactic acid) を含む美容液

Good Genes の乳酸は優れた技術で精製された高品質のもので、溜まった角質を取り除いた上に毛穴をふっくらとさせる。更に、一緒に配合されている数種類の植物成分と相成って肌の表面を滑らかにし、シミや小じわ そして不揃いなテクスチャを整えてくれる。

朝・夜どちらにも使用できるが、朝使う場合は日中のサンスクリーンの使用が推奨されている。

Luna Sleeping Night Oil

ビタミンAであるレチノールを配合したオイル

肌のターンオーバーを促し、余分な角質、色素沈着、小じわやくすみに効果があると言われている。Luna Sleeping Night Oil のレチノールは独自に開発された次世代レベルと謳っており、更にはこちらも多くの植物成分を含み、開いた毛穴、吹き出物や小じわを改善してくれる。

レチノールは紫外線に弱いので夜のみの使用が強く推奨されている。

私の使い方

基本的に夜シャワーを浴びた後に使用。最近は週に数回バスタブに浸かるようにもしている。肌をしっかりきれいにして柔らかくなっている時に使うことで、(高価なものなので)効果を最大限にしたいもんね。(ちなみに私はアメリカ式スキンケアに倣っているので、化粧水は使用していない。)

まずは Luna Sleeping Night Oil から

シャワー後のクリーンな肌に、まずは Luna Sleeping Night Oil をスポイトで2、3滴手に取って顔全体に薄く伸ばしていく。Blue tansy(青ヨモギ)が持つ色素により、オイルは透明な青い色をしている。肌に着けた瞬間は色が残るけれど、やさしくなじませていくと自然に消える。青さにびびって肌をこすらないように注意しながらゆっくり。ちょっと独特な薬草のような独特な匂いがある。

この後、10 − 30分はそのままで浸透するのを待つ。レチノールは他の成分をすぐに乗せてしまうより、次のステップの前に時間を空けて肌に落ち着かせるのが大事だそう。保湿力のあるオイルといった感触だけれど、肌当たりは柔らかくべたつきも少ないので放っておいても違和感なし。

次は Good Genes

寝る少し前に、Good Genes を。1プッシュで十分な量。なめらかな乳液のような感触で、するするっと伸びる。私は全体というよりは気になる箇所を重点的に塗っている ‐ 額、あご、頬、そして鼻(ってほとんど顔全体だった!)に。保湿力もあるので、特に乾燥が気にならない時はこれでおしまいにすることも。今は非常に乾燥しているので、この後に保湿クリームを。

Good Genes のプチプラ版!?

実は最近、ずっとずっと手が届きやすいブランドである The Ordinary (ジ・オーディナリー)から出ている Good Genes と同じく乳酸のセラムであるLactic Acid 10% + HA も購入した。

マイルドなピーリング効果がある上に、保湿成分であるヒアルロン酸やピーリングによる炎症を抑える成分も入っていて、30ml で$7!(ちなみに Sunday Riley は 50ml で $158 。)時々 Good Genes に置き換えて使っているけれど、こちらはベタつきがあり、そして肌に乗せた瞬間に確実にヒリヒリする感覚があるので、ごく少量のみの仕様にしている。荒削りな処方といった感覚で Good Genes の方が使い心地は断然いいけれど、値段を考えると The Ordinary も全く悪くないと思う。

使ってみて約一か月 ‐ 効果のほどは?

まずどちらも少量で伸びがいいので、減りが遅い。まだまだ残っている上に、現品を買った後にデラックス サイズのキットを頂く機会があり、ストックがある状態。半年くらいは使い続けられそう!

乳酸とレチノール、どちらも高い効果が見られる注目の成分である反面、肌質や肌の状態によっては刺激が伴う可能性もある

私も一度だけ、使い始めに皮剥けをしてしまったことが! 頬の肌が荒れ気味だったので Good Genes をその箇所に重ねづけしてみたら、翌日の午後にはポロポロ剥がれるように皮膚が剥けてしまった。むしろそういう状態の時は控えた方がいいかもしれない。

その失敗を除いては、使用を始めて10日くらいで効果が見られ始めた。まずは肌が確実に柔らかくなり、触ったときの頬の感触がほわほわした感じに。そして次に変化を感じたのは、額に見られた毛穴の詰まりによるイレギュラーなテクスチャ。吹き出物には至らないのに肌の奥に潜んでいた感じの詰まりが消えたのにはびっくり。

もう一つ劇的に改善したのは、ベースメイクのノリ。保湿 → プライマー → ファンデーション → パウダーと乗せていく過程がスムースで、そしてファンデーションが少量でもするすると伸びる。ベースメイクが厚ぼったくならないのは肌への負担が減るいいことだしすごく嬉しい。

Sunday Riley は日本未発売で日本ではそこまで知られていようだけれど、アメリカではここ数年カルト的な人気を誇っている象徴的なスキンケア ブランド。私は Good Genes と Luna Sleeping Night Oil のケアを始めて少しずつ改善が見られているのと、それが使い始めだけの一過性の効果ではなく続いているのを感じられているのが嬉しい。結論、買って正解!私に似た肌質やトラブルを抱えている人にはオススメしたい組み合わせ。

現品購入前にサンプルを試したい方には、$85 で買えるデラックス サイズのデュオは十分な量が入っているし手始めにとてもいいと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top