Parsons – Color Theory

今週から始まったParsonsでの授業。

 
Color Theoryという授業が大変だけどおもしろい。

一回目の講義では、Color Theoryにおける色の概念について。色はvalue, temperature, そしてchromaで区別される。”Color is light.” であり、黒は”absence of light” (光の不在) 

 

そして必要な教材についても指示が。Parsons のすぐ近の Utrecht というアート サプライ ストアは学期初めの今、Parsons学生でごった返してる。

Utrecht 

 
揃えた教材で少しずつ色に触れていく。

blogger image 202305361

Color-aid という314色のシートが入った教材。$85もするんだけど、アート/イラストレーション/デザイン/ファッション デザイン学生が色について学ぶ際には必ず触れる教材。

Color-aid

 

ニューヨークの会社みたい。教授曰く、コカコーラ的企業とのこと。このColor-aidの色の理念を元にした314色の配合は、門外不出の秘密。

 

一週間目からばっちり課題が。元の色(hue)から、黒を混ぜた色(shade)、白を加えた色(tint)、それぞれの数段階ある色の中から最も暗い/明るい色を探して、自分のcolor wheelを作るというもの。地道に自分で切り貼り。。。疲れた。

blogger image 1554760466

hueの部分、いわゆる原色の赤や青にしても、どれかは目ではまだわからない。識別用の番号を頼りに判断。色のこともっとわかったら、これは何色をどうした色っていうのがわかるようになるのかな。なるといいな。。。

多くの方に読んで頂きたく、ランキングに参加しています。
お楽しみ頂けましたら、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。ブログ村

インスタグラムもやっています。

Follow @suchacookiehead on Instagram
インスタhttps://instagram.com/suchacookiehead/