IMG_4956

BJÖRK RETROSPECTIVE AT MOMA

 

ずっと行きたかった、MoMAで行われているBjörkの回顧展に行ってきた。

 

[http://www.moma.org/visit/calendar/exhibitions/1501]

 
アイスランド出身であり世界中にファンのいるBjörkの20年のキャリアを、8枚のアルバムを通して時間軸で辿る展示。
 
一階で、一般展示への入場とは別に、時間毎の券をもらう必要があるので行かれる方はご注意を。
 
自分のチケットの時間に3階の会場に行くと、iPodとヘッドフォンが渡されて、それを元に回っていく。
 
blogger image 461529107

個人的な写真。Björkの小さい頃のものも。かわいい!

blogger image 795697850

“Debute”のイメージの小さなBjörk人形

 
blogger image  2086313969

“Joga”のBjörk 

 
blogger image 1120308896

おそらく日本のコンサートで使われたスコア。日本語のメモが。

 
blogger image  34780833

Chris Cunninghamが監督した、”All Is Full of Love”のビデオに出てくるロボット

 
blogger image 291736573

“Medulla”の時の、Alexander McQueenがデザインした、鈴のドレス


blogger image  237050727

“Volta”の世界


その他にも、ずーっと、Björkの歴代のミュージック ビデオを流している部屋も。

blogger image 331346470

Spike Jonzeが監督した”It’s Oh So Quiet”のビデオ

 

その他にも、ニューアルバム “Vulnicura”から、”Black Lake”のビデオを巨大パノラマ スクリーンを対面に配置し上映する部屋も。

 
楽しみにしていたこのエキシビジョン、実は酷評が目立っていた。

https://news.artnet.com/art-world/6-takedowns-of-momas-bjork-show-274305]

 

キュレーターの意図は全く説得力もなく、Pop star + MoMAなチープな展示。ヘッドフォンをつけて回る仕組みもうまく働いていない。確かにそんな感じは受けた。何より、想像以上に規模が小さかった。ヘッドフォンの内容はアルバムごとに5分ずつで合計40分だけど、一部屋一部屋に少しずつ展示があるだけで、なんだか時間を少し潰すため中で立ち止まっていないといけない。

 

なので総合的に、正直、素晴らしい内容とはとても言えなかったけれど、でもBjörk が好きなら、あーこれすごいよく聴いたなぁ!とか、またライブ行きたいなぁとか、単純に楽しむことはできる。事実、帰ってから、Björkのアルバムを聴き返した。

 

ファンならオススメ。がっかりするかもしれない覚悟の上で。でも、Björk自身にそこまで興味がなかったら、MoMA のキュレーションのクオリティを疑うだけかも。。。

 
ちなみに6月7日まで。

 

COOKIEHEAD cares about your privacy, so she wants you to know that by continuing to use this website, you consent to the use of cookies on your device as described in her privacy policy.