生活に溶け込む、TATTE BAKERY & CAFE

はじめましてのボストンで、行きつけができたよ。

 

ボストン ‐ 近いようで行ったことがなかった街。10代の頃 NHKで観ていた Ally McBeal の記憶の中にあった街。

 

高い建物が少なく、公園や舗道の緑が多い。ニュー イングランド調の住宅が並ぶ街並みは、ゆったりと落ち着いた時間が流れていた。

 

ボストンの大学に通っていた友人に勧められて行ったベーカリーが、とても気に入った。

 

Home

 

ボストン市内・近郊に8店舗を構える Tatte Bakery & Cafe は、イスラエル系のオーナーが2007年に始めたカフェ併設のベーカリー。目にも美味しいペイストリーや焼き菓子の数々と、手軽だけれどしっかりお腹いっぱいになるカフェ メニュー、そしてすっきりとしながらもキャラクターのある店内のヴィジュアル。

 

Tzurit Orさん(@tattebakery)がシェアした投稿

 

Tzurit Orさん(@tattebakery)がシェアした投稿

 

NYC で似たものといえば ヨーロッパ系の Le Pain Quontidien や  Maison Kayser が広く展開しているけれど、Tatte Bakery & Cafe にはひとつひとつの店舗にもっとパーソナリティと温かみがあって、居心地がいい。簡単に言うと、「チェーン感」がない。

 

入りやすく、どんな時間帯でもちょうどいい感じ。

 

ペイストリーとコーヒーを買い朝を始める、

 

IMG 5370a

 

しっかりランチをとってエネルギーをチャージする、

 

IMG 5402

 

ディナー後のデザートとコーヒーで会話を楽しむ、

 

IMG 5356

 

お腹いっぱいブランチを食べて週末を満喫する、

 

IMG 5366

 

といった具合に。

 

生活に溶け込んでいくこの自然さは、自分が住む街にあったらとてもいいのにな と感じる。近所の小さなベーカリーより洗練されたシステムがあるけれど、胡散臭さはない – そういったお店ってそういえば NYC にはない。

 

あ、あぶなく忘れるところだった大事なポイント – メニューや味のクオリティもとても高いよ。3日の滞在中4回も行った、ボストンの気に入り。