coverwholefoods1

WHOLE FOODS のコスメ セール情報

私と夫が、日常的に使用するコスメやパーソナルケアを買うのに利用するセールがある… アメリカのスーパーマーケット、Whole Foods Market(ホール・フーズ・マーケット)の Beauty Week!

オーガニックを主とした食料品で知られる Whole Foods には、実は結構充実したビューティ コーナーがある。スキンケア、ボディケア、ヘアケア、メイクアップ、そしてツールやサプリメントなども豊富。身体の中に入る食品においてオーガニックを多く取り入れているように、Whole Foods ではビューティにおいても取り扱いブランドやプロダクトには厳しい基準を設けていて、体に害があるとして禁止している原料のリストは100以上にのぼる。そして cruelty free(動物実験をしない)もポリシーの一つなのが嬉しい

premium body care seal 4c

そのWhole Foods が年に1 – 2度行うセール – 今年 2019年の春は以下のアイテムが一週間 25%オフになる。

対象: メイクアップ、スキンケア、ヘアケア、ネイル ポリッシュ、香水、ブラシ期間: 3月27日 – 4月2日

スーパーマーケットならではの手に届きやすい価格のブランドからミドル レンジのブランドまで幅広い。25%オフのこのタイミングを私は毎日使いのアイテムを買い足すのに利用している。私のオススメと使ってみたいものを中心に、どんなブランドがあるか紹介していくよ。

TRILOGY(トリロジー)

trilogy1

Trilogy(トリロジー) は日本でも人気のあるニュージーランドのオーガニック スキンケア ブランド。強い抗酸化力で知られるローズヒップ オイルのアイテムが特に有名。私が Whole Foods のBeauty Week を知るきっかけになったのは実は Trilogy。お友達が、比較的価格が高めの Trilogy を試すならこのセールを利用するといいよと教えてくれたの。

1. ROSEHIP OIL ANTIDIOXISANT +

オイルなのに驚くほど肌へのなじみが早くてすべすべに仕上がるのが好きなこのローズヒップ オイル。私は、(これも同じ友人からのススメで)抗酸化作用が更に高い Rosapene タイプのものを使っている。すごく潤うし、肌に栄養が与えられたようにふっくらする。

2. VITAL MOISTURIZING CREAM

ローズヒップ オイルに加えマルラ オイルも配合されたこちらの保湿クリームはなめらかでかなりしっとりするのにベタつきが残らない。爽やかな香りが気持ちをスッキリさせてくれる。夜用にも十分なしっとり具合な上にチューブに入っているので、旅行に持っていくのにもオススメ。

3. ROSAPENE NIGHT CREAM

こちらも 1 のオイル同様 Rosapene 処方で高い抗酸化作用が期待できる夜用のクリーム。リッチな使い心地のクリームで、肌にこっくりと潤いを与えてくれる。

4. EVERYTHING BALM

その名の通り、何にでも使える万能なバーム。ひび割れた指の関節、リップ、そして肘や踵などにも、どこでも乾燥が気になる箇所に使っている。大容量な上に少量でかなりのびるのでなかなかなくならず、これに関しては買い足しの予定はしばらくなし!

JUICE BEAUTY(ジュースビューティ)

JB

全アイテムがオーガニックでヴィーガンでありつつハイパフォーマンスな Juice Beauty(ジュース・ビューティ)。肌の悩みに合わせたラインがいくつかあり、自分の状態に合わせて選ぶことができる。メイクアップのラインアップもクリーン ビューティ好きの間で人気があるよ。

1. HYDRATING MIST

ローズヒップ、イランイラン、グレープシード オイルが配合されたミストはすっきりするとともに肌に潤いとツヤを与えてくれる。私はトナーやミストなどをあまり使わないのだけれど、これは肌が元気になる感じがすごく好き。フレッシュで自然な甘い香りも気持ちいい。

2. GREEN APPLE AGE DEFY MOISTURIZER 

青リンゴの爽やかな香りがするこのモイスチャライザーは、実は数年前日本で使っていたこともある(今は日本では Juice Beauty の取り扱いはないみたい?)。軽めのテクスチャながらしっかり潤う。CoQ10 と ビタミンCの抗酸化作用でエイジング ケアもできるよ。

3. STEM CELLULAR CC CREAM

SPF30 の CC クリーム は、実はまだ使ったことがないけれどレビューがいいので気になっているアイテム。抗酸化作用のあるスキンケア成分を含み、日焼け止めにもなり、肌に自然なツヤを与え、ミネラルで色補正をしてくれる、など12のベネフィットが一つになったアイテム。日焼け止め効果がある Supergoop! の CC クリームを愛用しているけれど、これが終わったら、もっとクリーンなこちらに変えてみようかなと思っているところ。

ACURE(アキュア)

acure1

パワフルな自然成分を配合し、ピュアでナチュラルなプロダクトを提供する Acure(アキュア)。クリーンなスキンケア、ヘアケア、そしてボディケアのアイテムが手に届きやすい価格  ($10 – 20) で買えるのが魅力。今回紹介する中で、COOKIEHEAD的にはコスパ ナンバーワン!

1. MEGA MOISUTIRE SHAMPOO/CONDITIONER

cruelty free の日用品に関する記事 で紹介したこの潤いたっぷりのヘアケア シリーズは私の定番のお気に入り。私はストレート ヘア、一緒に使う夫の髪はくるくるのカールと違うけれど、二人ともしっかりした髪質なので、しっとりするこのシリーズはごわごわになるのを防いでくれて私たち夫婦にぴったり。

2. RADICALLY REJUVENATING EYE CREAM

実はこれは出張先で、自前のものを忘れたのに気づいて急遽買った保湿アイクリーム。そこまで期待していなかったのにこれが大ヒット!しっかり潤いつつ肌なじみがいいので朝にも夜にも使えるし、目の周りが滑らかになる気がする。

3. BRIGHTENING CLEANSING GEL

メイク落としをした後のダブル洗顔用として検討しているジェル状洗顔料。今持っている洗顔料がどれも比較的しっかり洗うタイプで、そのせいか乾燥が気になる。肌に残っている余計なものを落としつつ、必要以上に洗い過ぎない洗顔料として、レビューが高いこちらが気になっているよ。

WELEDA(ヴェレダ)

weleda

植物由来の成分から開発される効能が高いスキンケア アイテムが人気の Weleda(ヴェレダ)。日本でもよく知られているよね。ヨーロッパでは特にどこでも売っていて手に入りやすいので、私は出張で行くパリでよく買っていたんだけど、よくよく見たらアメリカで買う方が安い場合も多いことに気づいた!セールならなおさらということで、最近はこっちで買っている。

1. SKINFOOD ORIGINAL ULTRA-RICH CREAM

もう何年愛用しているかわらかない、究極に潤う保湿クリームは、なんと1926年に誕生したものらしい。カモミールやカレンデュラを配合し荒れた肌を鎮静してくれると同時に、テカテカになるほどの潤いを与えてくれる。特に乾燥で肌が悲鳴を上げている冬の時期にはお守り的存在。

2. EVERON LIP BALM

なんてことない普通のリップバームなんだけれど、安定の保湿力と持続性が好きで私の中で定番。こういうものこそ、定期的なセールで買い置きをしておきたい。

W3LL PEOPLE(ウェルピープル)

wp

テキサス発のクリーン メイクアップ ブランド、W3ll People(ウェル・ピープル)。厳選された原料で作られ余計なものを含まないので安心できるブランドな上に、クリーン ビューティ系のお店だけではなく最近ではアメリカの大型スーパーマーケットの Target でも取り扱いが増えているので手に入りやすい。Whole Foods でもラインで置いてありサンプルもあるので、じっくり選ぶことができる。

1. BIO CORRECT MULTI-ACTION CONCEALER

私がこのブランドからまず試したのがコンシーラー。最近はベースメイクを軽めに仕上げるようにしていて、すると持っているコンシーラーはどれもカバレッジが重くてミスマッチに。そこで軽めのこのコンシーラーを使ってみたら、すごく使い勝手がいい!目の下にしっかりステイするけれど覆い過ぎずナチュラルな仕上がりに。しかもカフェイン入りで目の下のむくみを解消する効果もあるみたい。小さなチューブタイプなので持ち運びにも便利。

2. BIO BRONZER STICK

Credo でサンプル サイズをもらって使ったことがあるスティック状ブロンザー。クリームからパウダーに変わるフォーミュラで、肌に簡単に馴染む。私は e.l.f. の Small Stipple Brush でぼかしているよ。最近 クリーム タイプのプロダクトが好きなのもあり、現品サイズの購入を検討中。レッドが強いので、色展開をしてくれたらなお◎。

3. BIO BRIGHTENER INVISIBLE POWDER

クリーン メイクアップのパウダーを探していたら見つけたこの無色透明のパウダー。すごく自然な仕上がりで肌に自然なツヤを与えてくれるとか。同じジャンルだと RMS Beauty の “Un” Powder を使っているけれど、こちらは結構マットに仕上がりたまに小ジワに入り込むのが気になるので、使い終わったら価格も安い W3ll People の方を試してみたいと思っている。

AU NATURALE(オウナチュレル)

an

最後も同じくメイクアップ。クリーン メイクアップが気になる私のレーダーに引っかかっている Au Naturale(オー・ナチュレル) は、まだ試したことがないけれど Whole Foods でも買えることを最近知った。ワシントンD.C. でもともと核分析の仕事をしていた女性が、自ら厳選したナチュラルな原料をキッチンで調合しながら作り始めたクリーンなメイクアップが Au Naturale のスタート地点。クリーン ビューティの世界にはそういった女性が立ち上げてビジネスとして確立したブランドがたくさんあるのも、指示したくなる理由の一つ。

1. ZERO GRAVITY C2P FOUNDATION

ベストセラーの一つであるスティック ファンデーション。滑らかにするするとのびるのに、仕上がりはさらさらで何もつけていないかのような心地よさが特徴らしい。クリーン ビューティにしてはディープな色展開もちゃんとしているところが素晴らしい。

2. THE ANYWHERE CREME MULTISTICK

ファンデーション同様、スティック状のマルチ ユース クリーム。チーク、リップ、アイとどこにでも使える。私はマルチ ユースのクリーム プロダクトが大好き!一本で顔全体に統一性があるメイクアップができて、しかも外出先でもタッチアップできる万能性がいい。このプロダクトはその中でもしっとり潤いがありそうなところがいいな。

3. SU/STAIN MATTE LIP STAIN

クリーン ビューティ系のユーチューバーがこぞってオススメしているのがこのリキッド リップスティック。一般的なブランドのステインと引けをとらないラスティング パワーを、クリーンな原料で実現しているとか。しかも、クリーン メイクアップのリップはピンクやローズ系のリップが集中しがちな中、私が好きなヌードやブラウンも多いので試してみたい!


来週から始まる Whole Foods の Beauty Week、今から楽しみ。ちなみに、このセールはあくまで店舗のみの展開なのでご注意。Whole Foods は Amazon に買収されて食料品や日用品のカテゴリーは Amazon Pantry で購入しやすくなったけれど、ビューティに関してはどうも勝手が違うようで、取り扱いもイマイチ。

他の州在住の方は駐車場もあるような大型店舗も近くにあるかもしれないけれど、ニューヨークは街中にある他のスーパーマーケットとあまり変わらない存在なので、小さめの店舗ではビューティのセクションが限られている場合も。私が知っている中で、マンハッタンでビューティが大きいオススメの店舗は、

事前にお店に行って、欲しいものがあるかどうか確認してからセールに挑むのもあり!

あ、最後にもう一つ!Amazon Prime 会員はセール品が更に 10% オフになるのもお忘れなく。Amazon のアプリをレジで提示してね。

THE LITTLE WHIM は化粧品における動物実験に反対しています。取り上げる化粧品は2018年9月以降、クルエルティフリー(cruelty free: 動物実験をしていない)に限定しています。

COOKIEHEAD cares about your privacy, so she wants you to know that by continuing to use this website, you consent to the use of cookies on your device as described in her privacy policy.