portland_vegan_cover

ポートランドで食べたヴィーガンの美味しいもの

8月終わりのポートランド旅行の記録、続いてはヴィーガンの食事をまとめてみる!

ポートランドはヴィーガンの選択肢が極めて多い街だという印象を受けた。

100%ヴィーガンのレストランやカフェは結構見つかったし、そうでないところもネットでヴィーガンオプションを確認することができて情報がしっかりしていた。お店の人がメニューに書いてある以上にフレキシブルに対応してくれたケースも。

私は正直グルメではないので味や料理の内容についてはささーっと触れつつ、特に記憶に残っているヴィーガンの美味しかったものを振り返っていきます。

BLUE STAR DONUTS

ポートランド市内に8店舗、そして南カリフォルニアにも3店舗展開しているドーナツ屋さん。ここはヴィーガンのお店ではないけれど、ヴィーガンフレイバーも常時数種類用意している。

bluestar3

土曜日の朝8時台だったかな、結構早かったのに並んでいたよ。ダース単位で箱買いでお持ち帰りしていく人が多かった。週末だからみんなで食べるのかな。

bluestar4

店内のサインに大きく “Donuts for Grownups”(大人のためのドーナツ)と書いてるように、ちょっとクセのあるもの同士を組み合わせたフレイバーも結構あっておもしろい。

bluestar2

これだけの数が並ぶ中で・・・

bluestar

ヴィーガンフレイバーもちゃんと5種類あった。悩む喜びがあるのはすごく嬉しい。

bluestar5

私がこの日食べたのは 左: Mexican Hot Chocolate(チョコレートのケーキドーナツにたっぷりのチョコレートグレーズ、そしてピリッとカイエンペッパーがトッピング)と、右: Passion Fruit(バニラのケーキドーナツに酸っぱさの効いたパッションフルーツのグレーズ、そしてカカオニブのトッピング)。

びっくりするほどモイストな生地で朝ごはんには贅沢過ぎるくらい。私は特にパッションフルーツが大好きなので、甘い生地と酸っぱさが一緒になったこの黄色いドーナツは今もまた思い出すだけで食べたくなるくらい美味しかった。

ちなみに後日違う店舗で Blueberry Basil Cake(バニラのケーキドーナツにブルーベリーとバーボンとバジルのグレーズ)も食べたんだけど、これもすごく風味がよくてまたすぐにでも食べたいくらい記憶に残ってる。

季節によって新しいフレイバーも出るみたいですごく楽しいドーナツ屋さん。

BLUE STAR DONUTS
https://www.bluestardonuts.com/

LUC LAC VIETNAMESE KITCHEN

なんでか忘れたけれど夫ともどもベトナミーズな気分だった夜、どうやら地元で人気らしいちょっとごちゃごちゃした感じがおもしろいこのお店に行ってみることに。ダウンタウンの繁華街から一本奥の、元倉庫街的な雰囲気の通りにある。ここもヴィーガンのお店ではないけれど、ヴィーガンオプションがちらほら。

luclac
luclac3

週末の夜9時くらいだったので、混雑していた。メニューを見ながら待ち、順番が来たらオーダーして先にお会計。その後席に案内されるシステム。

luclac4
luclac2

バインミー、フォー、スープなしのヌードルなどがある中で、私は夏なので冷たいものが食べたかったので、Vermicelli Bowls with Vegitable Crispy Rolls(スープなしのヌードルに野菜の春巻きが乗ったもの)を。

IMG 5562

ソースもヴィーガン用に変えてくれたよ。ピーナッツがたっぷり。私はシラントロ(パクチー?)が苦手なのでオーダー時に断ったけれど、大量にのっかってくる様子だったので好きな人にはすごくいいかも。

ちなみに私のは$10しなかったと思う。揚げ春巻き(大好物)はすごく美味しかったし、お腹いっぱいになったので大満足。

LUC LAC VIETNAMESE KITCHEN
https://luclackitchen.com/

PETUNIA’S PIES & BAKERY

別の朝に行ったこちらのベーカリーカフェは、100%ヴィーガンである上にグルテンフリーのお店。

pb1

すごくかわいらしい雰囲気の内装は自分に似合わなくてドキドキしたけれど、この後老若男女次々と入ってきた。

pb

こんなにたくさんのケーキや焼き菓子が朝から揃っていて、そして甘い・しょっぱいともに朝食メニューも豊富で、ヴィーガン&グルテンフリーとは思えないほど。みんなそりゃ来たくなるよね。

pb3

私は頼んだものもかわいらしくない。アメリカの朝食の定番、Breakfast Sandwich(卵とソーセージとチーズのビスケット サンドウィッチ)。100%植物性。

実は正直なところソーセージはテクスチャがそこまで好きじゃなかったんだけど、ビスケットに感激!バター不使用とは思えないリッチな風味で、ほろほろ崩れる感じもまるで本物みたい。これにジャムをつけたメニューをオーダーすればよかったかな。ケーキ類を食べる機会がなかったのが悔やまれるところ!

PETUNIA’S PIES & PASTRIES
http://petuniaspiesandpastries.com/

FOOD FIGHT

今回食べたものの中で目玉とも言えるのが Food Fight というヴィーガン専門グロッサリーで食べたヴィーガンソフトクリーム

ff1

もうまさに、ソフトクリームのお手本的な完璧なシェイプ。アメリカは幸いヴィーガンアイスクリームは目にする機会がすごく増えているけれど、そもそもソフトクリームというもの自体が日本ほど人気がなくて、ヴィーガンではないものもあまり見かけないほど。

なのでヴィーガンソフトクリームを見つけただけでも嬉しいのに、ここのは程よく濃厚で本っ当に美味しかった。「言われなかったらヴィーガンとわからない」というこの危険さを含めた表現を使っていいんじゃないかな、と思えるレベル。

ff2

ちなみに Food Fight は日本のコンビニくらいの大きさのヴィーガンの食料品のみ扱うお店。こうゆうお店はいちいちラベルを見て確認しなくていいのですごく安心できる。

Food Fight の隣には実は2軒、ヴィーガンのお店が並ぶ。1つは Sweetpea Baking & Co.という、軽食もとれるヴィーガンベーカリー。

sweetpea
sweetpea2

もう一つは Herbivore Clothing というヴィーガンブティック。(”Herbivore” は「草食」という意味)

herb
herb1

3つとも小さなお店だけれど、ヴィーガンにとってはすごく心地がいいコミュニティだし、そうでない人にもヴィーガニズムの広がりが感じられる空間だと思う。

pins

美味しいソフトクリームにありつけてご機嫌だったのと、こうゆうコミュニティは応援したいな、という気持ちを込めて、ささやかながら私も Herbivore で小さな缶バッチをいくつか購入。

FOOD FIGHT GROCERY
 https://foodfightgrocery.com/

SWEETPEA BAKING & CO.
http://sweetpeabaking.com/

HERBIVORE CLOTHING
https://www.herbivoreclothing.com/

ブルワリーあれこれ

最後はブルワリーでの食事について。ポートランドはブルワリー、いわゆる地域型のビール醸造所が街の至る所にある。私の夫はクラフトビールが大好きなで、地域のビールを楽しむのは旅先での楽しみの一つ。

アメリカのブルワリーは bar food と呼ばれる、ビアバー独特のメニューを出すところが多い。ソーセージ、ハンバーガー、ピザ、揚げ物などが中心で、決して健康的とは言えないものが多いけど、そうゆうものが夫婦揃って大好きな私たち!

お肉やチーズが多いのでヴィーガンはメニューが限られるけれど、食べるものが一切ない!ということは実はまずない。サラダやサンドウィッチは少なくとも1つずつくらいはベジタリアンメニューがあることが多いので、チーズや卵を抜いてもらったりドレッシングを変えてもらえば大丈夫。その他にも、ハンバーガーが数種類ある時はベジバーガーがある場合も多く、チーズやマヨネーズを確認すればヴィーガン対応可。そしてフレンチフライは、ディップやソースだけ気をつければヴィーガンなことがほとんど。実はブルワリーはヴィーガンにとって食べられるものを探すのがあまり難しい場所ではないんです。

私たちは滞在中4つくらいブルワリーに行ったけれど、確か一箇所はインポッシブル・バーガーしか選択肢がなかったので5月の初体験以来久しぶりにそれを食べ、あとはキヌアバーガーを食べたり、そしてイチジクと豆がいっぱいのったサラダもどこかで食べたかな。

記憶に鮮明に残っているものだと、Rogue というブルワリーで食べた Rogue Lettuce Wrap(韓国焼肉風にマリネしたサツマイモとアヴォカド、トマトをレタスで包んだもの)がすごく美味しかった!

rogue

写真がぶれぶれな上にそもそもわかりにくいんだけど、サンチュで巻いた焼肉のような感覚。添えられたライムを絞って頬張ると爽やかさがあってこれまた美味しい。すごく軽くて胃もたれしないし、是非家でもやってみようと思ったアイデア。

rouge1

Rogue
https://www.rogue.com/

他にもいっぱい美味しいものに出会えたのだけれど、特に印象に残っているものをまとめたらこんな感じ。

ヴィーガンになって旅をすることにも少しずつ慣れてきた。もちろん面倒なこともあるし思った通りにいかない時もある。でも何ごとも学習かな、と思う。保険としてりんご1つとナッツは持ち歩いていたけれど、実は今回それらの出番はなかったので、無駄ではあったけれどすごく嬉しいことでもある!

ポートランドは総じて、ヴィーガンが訪れるのに難易度が低く満足度が高い街だと私は思います。

COOKIEHEAD cares about your privacy, so she wants you to know that by continuing to use this website, you consent to the use of cookies on your device as described in her privacy policy.