THE LITTLE WHIM

「中古品を買うサステナブルファッション」 のメインストリーム化が落とす、(光があるこその)影

フリマや再販マーケットを通して、中古品でサステナブル・エシカルに楽しむファッションは主流化してきました。その中で、経済的、社会的、そして多様性において特権のある人が、そうでない人をより取り残している現象が問題視され始めています。

森を見て、木を見る

レジ袋 vs. エコバッグ、サステナブルファッションとグリーンウォッシングの話など、環境問題を考えるとぶつかるたくさんの議論。「木を見て森を見ず」な現象が起きていること、ありませんか?

環境再生とファッション

サステナビリティとあわせて少しずつ目にする機会が増えてきた「環境再生」(リジェネレーション)というコンセプト。ファッション業界では、どう取り入れられ始めているのでしょうか?

トップへ戻る